WindowsUpdateが0x800736CCエラーで失敗するときの対処法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windows Updateで800736CCエラーが出たときの対処法です。

Windows7や、Windows8、Windows8.1で発生することがあります。

対処法は以下のとおり。

スポンサーリンク

原因

更新プログラムのダウンロードしたファイルが破損している。

対処法

ダウンロードしたファイル(フォルダ)を削除して、再度WindowsUpdateを実施する

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. services.msc と入力して [OK]をクリックする。
  3. [Windows Update] サービスを探して、右クリックし、[停止] をクリックする。
  4. エクスプローラーを起動して、以下2つのフォルダの中身を削除する。
  5. [Windows Update] サービスを探して、右クリックし、[開始] をクリックする。
  6. 再度WindowsUpdateを実施する。

参考情報

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-update-error-800736cc#1TC=windows-7

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。 仕事で

記事を読む

フォルダ内のファイルを再帰的にリネームするバッチファイルの書き方

例として、特定フォルダ配下の、拡張子が"log"のファイルを"txt"に変更したい場合。 要はこのよ

記事を読む

Windows8 Enterpriseでライセンス認証する方法

Windows8 Enterprise でライセンス認証ができないとお困りのあなた。(というか私)

記事を読む

Windowsでプロセスを強制終了するコマンド

Windowsでプロセスを強制終了したいときに使うコマンドです。 batファイル等で大活躍します。

記事を読む

Windows7の「XPモード」とは・・・

Windows7では、WindowsXP用のアプリケーションを実行するために、仮想化を用いるそうです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑