N10JにWindows7製品版をインストールしてみました。

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 PCの技術メモ, Windowsの技術メモ

国内での製品版は10月22日発売のWindows7ですが、ちょっと
先取りということで、Windows7 Professional 製品版をボリューム
ライセンス版で購入し、N10Jにインストールしてみました。
まぁ入れたところで、XPモード使えないし、特に意味はないんですが…。
クリックで拡大
win7_1.jpg
レポートは以下のとおり。

スポンサーリンク

–準備–
1.いろいろと不具合が考えられるので、あらかじめ Acronis True Image でHDDまるごとのバックアップを外付けHDDに取得。
2.ASUSのダウンロードサイトで、VISTA32bit版のドライバ、ユーティリティを取得。
3.http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jpからGeforce9Mシリーズの
Windows7 32bit用ドライバをダウンロード。
–ここまで準備–
外付けDVDドライブからWindows7のインストールDVDをbootさせてインストール開始。
OSのインストール自体は難なく完了。
デバイスマネージャを確認したところ、ほとんどのデバイスがちゃんと認識されて、
Windows7に付属しているドライバがインストールされてた。
クリックで拡大
win7_3.png
一応、準備でダウンロードしたVISTA用ドライバとユーティリティを気にせずインストール。
結構問題なく入る。
「VISTAじゃないからダメ!」と言ってくるインストーラもあるけど、インストール失敗しても
Windows7が「インストール失敗したけど、推奨の設定でインストールする?」と
聞いてくれた。
ということで、OSにお任せしてインストールを進めたものが数個ありました。
作業中、bluetoothのデバイスが認識されない現象が発生したんですが、
N10J本体の無線スイッチがOFFになってただけでした。
うっかりしてました。皆様もご注意を。
一通りインストール終わってから分かった問題点2つ。
・FingerprintSensorのドライバが入らなかった。
・Fn+F11やFn+F12で音量調整したときとかに、「Volume down」とか画面表示を出す
アプリ(名前忘れた)がちゃんと動かなかった。
(Fn+F11とかでちゃんと調整は出来るんだけど、表示が出ない)
入れ方が悪かったかも。
インストール後の画面はこんな感じ。
クリックで拡大
win7_1.jpg
ペイントを2つ起動して、タスクバーのペイントにマウスカーソルを重ねてみた図。
クリックで拡大
win7_2.jpg
–結論–
ノートPCに入れるときは、対応アプリ、対応ドライバが出てからの方が良いかも。
ということで、「準備」で取得したバックアップから元のOSに戻しました。
以上。

AD

関連記事

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

コンピュータの問題が原因で、更新プログラムをダウンロードまたはインストールできません。

WindowsXP SP3環境でWindowsUpdate(MicrosoftUpdate)を実行す

記事を読む

Firefoxの検索ボックスからの検索結果を新しいタブで開く方法

Firefoxの検索ボックスで検索したとき、今開いているタブで検索結果が表示されて困ることってあると

記事を読む

存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。 そうするとNI

記事を読む

Windows Messengerを削除する方法

久々にPCを再セットアップしたので、思い出しついでのメモです。 最近はWindowsLiveMess

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑