Catalystのパスワード設定手順

公開日: : Networkの技術メモ ,

Catalystのパスワード設定方法です。

ここでは以下3種類のパスワード設定方法と、その確認方法、設定失敗時の復旧方法について解説します。

  1. コンソール接続時のパスワード
  2. enableパスワード
  3. telnetパスワード

スポンサーリンク

コンソール接続時のパスワード設定

設定コマンド

確認

exitで抜けて、ログイン時にパスワード入力が求められるか確認する。

特権モード移行時のenableパスワード設定

設定コマンド

確認

特権モード移行時にパスワード入力が求められることを確認する。

telnetパスワード設定

設定コマンド

確認

TeraTerm等でtelnet接続を試す

パスワード暗号化設定

設定しておかないと、show running-config 時にパスワードが平文で表示されてしまうので、設定必須。

事後作業

設定したパスワードでログインできることが確認ができたら、設定を保存するのを忘れずに。

必ずログインできることを確認した後に設定を保存すること!

復旧方法

設定に失敗してログインができない場合は、電源ケーブルを抜き差ししましょう。
まだパスワードの設定を保存していないので最後に保存した設定で起動してきます。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのゾーニング設定方法

Brocade SAN SwitchのZone設定手順です。 事前準備 telnetで接

記事を読む

Brocade SAN SwitchのSyslog設定方法

Brocade SAN SwitchのSyslog転送設定手順です。 CLIでの手順です。 事前

記事を読む

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイ

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

Brocade SAN Switchの設定バックアップ方法

Brocade SAN Switchの設定をバックアップする手順です。 コンフィグを転送するプロト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑