WindowsUpdateが0x80070490エラーで失敗するときの対処法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windows Updateで80070490エラーが出たときの対処法です。

Windows7や、Windows8、Windows8.1で発生することがあります。

対処法は以下のとおり。

スポンサーリンク

原因

WindowsUpdateの、コンポーネント ベース サービシング (CBS) マニフェストファイルが破損している。

対処法その1

システム ファイル チェッカーを使用して、破損した Windows ファイルを修復する。

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. cmd と入力して [OK]をクリックする。
  3. 以下のコマンドを実行する
  4. 再度Windows Updateを実施する。

対処法その2

展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使用して、Windows Update 破損エラーを修復する。

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. cmd と入力して [OK]をクリックする。
  3. 以下のコマンドを実行する。
  4. 再度Windows Updateを実施する。

参考情報

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/958044

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windowsをルータにする方法

急にルータが必要になったりすることがあります。 しかし手元にルータが無い。Windowsならある。そ

記事を読む

存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。 そうするとNI

記事を読む

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。 仕事で設定書を作成するときに

記事を読む

XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを

記事を読む

Windows7、WindowsServer2008R2で DHCP Client サービスが自動起動する問題の対処

DHCP Clientサービスを起動しているつもりはないのに、何故か自動起動するようになっていました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑