WindowsUpdateが0x80070490エラーで失敗するときの対処法

公開日: : Windowsの技術メモ

Windows Updateで80070490エラーが出たときの対処法です。

Windows7や、Windows8、Windows8.1で発生することがあります。

対処法は以下のとおり。

スポンサーリンク

原因

WindowsUpdateの、コンポーネント ベース サービシング (CBS) マニフェストファイルが破損している。

対処法その1

システム ファイル チェッカーを使用して、破損した Windows ファイルを修復する。

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. cmd と入力して [OK]をクリックする。
  3. 以下のコマンドを実行する
  4. 再度Windows Updateを実施する。

対処法その2

展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使用して、Windows Update 破損エラーを修復する。

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. cmd と入力して [OK]をクリックする。
  3. 以下のコマンドを実行する。
  4. 再度Windows Updateを実施する。

参考情報

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/958044

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

windows-logo

Windowsのコードネーム一覧

「Windows7はコードネームがそのまま正式名称になった」というのは有名な話です。 ということで

記事を読む

WindowsToGo

WindowsToGoドライブのつくり方

注意 WindowsToGoを使うにはWindows8 Enterpriseのボリュームライセンス

記事を読む

windows-logo

マイクロソフトがカタカナ用語末尾の長音表記を変更!?

「マイコンピュータ」が「マイコンピューター」に? マイクロソフトが表記ルールを変更 http:/

記事を読む

windows-logo

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑