WindowsUpdateが0x80070490エラーで失敗するときの対処法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windows Updateで80070490エラーが出たときの対処法です。

Windows7や、Windows8、Windows8.1で発生することがあります。

対処法は以下のとおり。

スポンサーリンク

原因

WindowsUpdateの、コンポーネント ベース サービシング (CBS) マニフェストファイルが破損している。

対処法その1

システム ファイル チェッカーを使用して、破損した Windows ファイルを修復する。

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. cmd と入力して [OK]をクリックする。
  3. 以下のコマンドを実行する
  4. 再度Windows Updateを実施する。

対処法その2

展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使用して、Windows Update 破損エラーを修復する。

  1. Windowsキー を押しながら [R] キー を押す。
  2. cmd と入力して [OK]をクリックする。
  3. 以下のコマンドを実行する。
  4. 再度Windows Updateを実施する。

参考情報

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/958044

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windowsでプロセスを強制終了するコマンド

Windowsでプロセスを強制終了したいときに使うコマンドです。 batファイル等で大活躍します。

記事を読む

16GBのUSBメモリで Windows To Go っぽいことをする(Windows to go もどき)

WindowsToGoは32GB以上の容量のUSB3.0対応のUSBストレージ(USB-HDDやUS

記事を読む

Windowsでシステムファイルの整合性をスキャンするコマンド

Windowsでシステムファイルの整合性をスキャンするコマンドです。 間違ったバージョンを正しいMi

記事を読む

XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを

記事を読む

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (WindowsがN

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑