デュアルブート設定方法、シングルブートに戻す方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/06/20 Windowsの技術メモ

デュアルブート設定に失敗してXPでしか起動できなくなったり、
やっぱりシングルブートに戻したくなったり、
そんなときのためのメモ。

  • VistaとXPのデュアルブートからXPのシングルブートに戻す方法
  • VistaとXPのデュアルブートからVistaのシングルブートに戻す方法
  • VistaもしくはXPのシングルブートからデュアルブートに戻す方法

この3つの方法について具体的な手順を紹介。
手順は以下のとおり。

スポンサーリンク

VistaとXPのデュアルブートからXPのシングルブートに戻す方法

1.XPでもVistaでもどっちでも良いから、OSを起動する。
2.VistaのインストールDVDをセットする。
3.コマンドプロンプトを起動。
(Vista側で起動するときは、管理者として実行 すること)
4.「e:\boot\bootsect /nt52 all」と入力して Enter キーを押下。
(DVDドライブがeドライブの場合)
5.再起動してXPが起動してくることを確認。

以上

VistaとXPのデュアルブートからVistaのシングルブートに戻す方法

1.XPでもVistaでもどっちでも良いから、OSを起動する。
2.VistaのインストールDVDをセットする。
3.コマンドプロンプトを起動。
(Vista側で起動するときは、管理者として実行 すること)
4.「e:\boot\bootsect /nt60 all」と入力して Enter キーを押下。
(DVDドライブがeドライブの場合)
5.再起動してVistaが起動してくることを確認。

以上

VistaもしくはXPのシングルブートからデュアルブートに戻す方法

  • Vistaのシングル→VistaとXPのデュアルブートの場合は、下記5番から実行。
  • XPのシングル→VistaとXPのデュアルブートの場合

まず、Vistaのシングルに戻す必要がある

1.VistaのインストールDVDをセットする
2.コマンドプロンプトを起動。
3.「e:\boot\bootsect /nt60 all」と入力して Enter キーを押下。
(DVDドライブがeドライブの場合)
4.再起動してVistaが起動してくることを確認。
5.Vistaのコマンドプロンプトを管理者として実行
(VistaのブートエントリにXPのエントリを追加設定)
6.「Bcdedit /create {legacy} /d “Windows XP”」と入力して Enter キーを押下。
(上記の ” ” で囲まれた文字列が起動時に表示されるようになる。例ではWindowsXPと表示される)
7.「Bcdedit /set {legacy} device boot」と入力して Enter キーを押下。
8.「Bcdedit /set {legacy} path \ntldr」と入力して Enter キーを押下。
9.「Bcdedit /displayorder {legacy} /addlast」と入力して Enter キーを押下。
10.再起動して、デュアルブートになっていることを確認。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

Windowsをルータにする方法

急にルータが必要になったりすることがあります。 しかし手元にルータが無い。Windowsならある。

記事を読む

WindowsToGoもどき

16GBのUSBメモリで Windows To Go っぽいことをする(Windows to go もどき)

WindowsToGoは32GB以上の容量のUSB3.0対応のUSBストレージ(USB-HDDやUS

記事を読む

windows-logo

windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス で

記事を読む

windows-logo

explorerが毎回新しいウインドウで開くようになりました…

IE8を入れると、何故かexplorerが毎回新しいウインドウで開くようになる というトラブルが発生

記事を読む

windows-logo

WindowsOS側でUSBメモリを使用禁止にする方法

BIOSでUSBポートを無効化すればUSBメモリは使えませんが、 USBポートを無効にすれば、US

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑