デュアルブート設定方法、シングルブートに戻す方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/06/20 Windowsの技術メモ

デュアルブート設定に失敗してXPでしか起動できなくなったり、
やっぱりシングルブートに戻したくなったり、
そんなときのためのメモ。

  • VistaとXPのデュアルブートからXPのシングルブートに戻す方法
  • VistaとXPのデュアルブートからVistaのシングルブートに戻す方法
  • VistaもしくはXPのシングルブートからデュアルブートに戻す方法

この3つの方法について具体的な手順を紹介。
手順は以下のとおり。

スポンサーリンク

VistaとXPのデュアルブートからXPのシングルブートに戻す方法

1.XPでもVistaでもどっちでも良いから、OSを起動する。
2.VistaのインストールDVDをセットする。
3.コマンドプロンプトを起動。
(Vista側で起動するときは、管理者として実行 すること)
4.「e:\boot\bootsect /nt52 all」と入力して Enter キーを押下。
(DVDドライブがeドライブの場合)
5.再起動してXPが起動してくることを確認。

以上

VistaとXPのデュアルブートからVistaのシングルブートに戻す方法

1.XPでもVistaでもどっちでも良いから、OSを起動する。
2.VistaのインストールDVDをセットする。
3.コマンドプロンプトを起動。
(Vista側で起動するときは、管理者として実行 すること)
4.「e:\boot\bootsect /nt60 all」と入力して Enter キーを押下。
(DVDドライブがeドライブの場合)
5.再起動してVistaが起動してくることを確認。

以上

VistaもしくはXPのシングルブートからデュアルブートに戻す方法

  • Vistaのシングル→VistaとXPのデュアルブートの場合は、下記5番から実行。
  • XPのシングル→VistaとXPのデュアルブートの場合

まず、Vistaのシングルに戻す必要がある

1.VistaのインストールDVDをセットする
2.コマンドプロンプトを起動。
3.「e:\boot\bootsect /nt60 all」と入力して Enter キーを押下。
(DVDドライブがeドライブの場合)
4.再起動してVistaが起動してくることを確認。
5.Vistaのコマンドプロンプトを管理者として実行
(VistaのブートエントリにXPのエントリを追加設定)
6.「Bcdedit /create {legacy} /d “Windows XP”」と入力して Enter キーを押下。
(上記の ” ” で囲まれた文字列が起動時に表示されるようになる。例ではWindowsXPと表示される)
7.「Bcdedit /set {legacy} device boot」と入力して Enter キーを押下。
8.「Bcdedit /set {legacy} path \ntldr」と入力して Enter キーを押下。
9.「Bcdedit /displayorder {legacy} /addlast」と入力して Enter キーを押下。
10.再起動して、デュアルブートになっていることを確認。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

ドメインコントローラでイベントID:29 ソース:Microsoft-Windows-Kerberos-Key-Distribution-Center が出力される問題の対処

イベントログに警告 として出力されると焦りますね。 現象 WindowsServer2008 の

記事を読む

windows-logo

5分で理解するWindows7 ホームグループ

WindowsのネットワークにはWorkGroupがありますが、 Windows7からはホームグル

記事を読む

windows-logo

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。 仕事で設定書を作成するとき

記事を読む

Windows8 でコマンドプロンプトを管理者として実行する方法

Windows8でコマンドプロンプトを管理者として開くにはどうすればいいんだ!? どこにあるんだ!

記事を読む

windows-logo

RAMDISKにブラウザのキャッシュを置いて高速化

私が今使っているノートPCはLet'noteR4でして、以下のようなスペックです。 OS : Wi

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑