SolarisでISOをマウントするコマンド

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solaris10でISOをマウントする方法。
/tmp/test.iso をマウントしたい場合。
lofiadm というコマンドを使います。
形式
/usr/sbin/lofiadm -a file [device]
/usr/sbin/lofiadm -d file | device
/usr/sbin/lofiadm [file | device]
具体的な使い方は以下のとおり。

スポンサーリンク

# lofiadm -a /tmp/test.iso ←/tmp/test.isoにブロックデバイスを接続する。
/dev/lofi/1 ←このデバイスに接続された。
以降、このデバイスをマウントして使用することになる。
# mount -F hsfs -o ro /dev/lofi/1 /mnt ←リードオンリーで /mnt にマウント。
あとは、念のため# cd /mnt で、マウントされたisoの中身確認するなり、
# df -k で確認するなりしましょう。
・ブロックデバイスの接続状況確認方法
# lofiadm /dev/lofi/1 ←/dev/lofi/1がどのisoと接続されているか表示。
/tmp/test.iso ←/tmp/test.iso に接続されていることが分かる。
使い終わった後は、以下のコマンドで解除。
# umount /mnt ←アンマウント
# lofiadm -d /dev/lofi/1 ←ブロックデバイスとの接続を解除。
・解除されてるか確認方法
# lofiadm
Block Device   File ←何も表示されないことを確認。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」 という瞬間があるかもし

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

Solarisでパスワードの世代管理をする方法

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、 Solaris10でパスワードの

記事を読む

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ rout

記事を読む

Solarisでインストールされているロケールを調べる方法

Solarisで、このマシンにどのロケールが入ってるのか、確認 したいときがあります。 そんなと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑