SolarisでISOをマウントするコマンド

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solaris10でISOをマウントする方法。
/tmp/test.iso をマウントしたい場合。
lofiadm というコマンドを使います。
形式
/usr/sbin/lofiadm -a file [device]
/usr/sbin/lofiadm -d file | device
/usr/sbin/lofiadm [file | device]
具体的な使い方は以下のとおり。

スポンサーリンク

# lofiadm -a /tmp/test.iso ←/tmp/test.isoにブロックデバイスを接続する。
/dev/lofi/1 ←このデバイスに接続された。
以降、このデバイスをマウントして使用することになる。
# mount -F hsfs -o ro /dev/lofi/1 /mnt ←リードオンリーで /mnt にマウント。
あとは、念のため# cd /mnt で、マウントされたisoの中身確認するなり、
# df -k で確認するなりしましょう。
・ブロックデバイスの接続状況確認方法
# lofiadm /dev/lofi/1 ←/dev/lofi/1がどのisoと接続されているか表示。
/tmp/test.iso ←/tmp/test.iso に接続されていることが分かる。
使い終わった後は、以下のコマンドで解除。
# umount /mnt ←アンマウント
# lofiadm -d /dev/lofi/1 ←ブロックデバイスとの接続を解除。
・解除されてるか確認方法
# lofiadm
Block Device   File ←何も表示されないことを確認。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

共有されているファイルシステムの一覧を表示

IBMに買収されるかと思いきやOracleに買収されるSun…これからどうなるのか。 そんなことは

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右ク

記事を読む

Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。 という

記事を読む

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ rout

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑