「.bash_profile」と「.bashrc」は何が違う??

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Linuxの技術メモ , , ,

「.bash_profile」と「.bashrc」の違いについて。
・「.bash_profile」はログインシェルとしてbashが起動されたとき”だけ”実行される。
・「.bashrc」は他のシェルからbashに切り替えたときなど、bashを起動するたびに実行される。
(もちろんログインシェルとしてbashが起動されたときにも実行される)
ということで、
「.bash_profile」にはユーザーがログイン時にのみ行う処理設定や環境変数を記述。
「.bashrc」にはシェル変数や、エイリアスなどユーザー環境の設定を記述。
という使い方が一般的…だと思うんだけど、どうでしょ?

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

CentOS6やRHEL6でIPv6を無効化する方法

CentOS6やRHEL6でipv6をdisableにする方法です。 手順は以下の通り。

記事を読む

今流行りのDockerとは

巷でDockerが流行っているようですので調べてみました。 Dockerの公式サイトはこちらね⇒h

記事を読む

Can’t locate XML/RSS.pm・・・とエラーが出たときにインストールが必要なパッケージ

perlのスクリプトを実行しようとして、以下のようなエラーが出た場合の対処法です。 Can't l

記事を読む

CentOSおよびRHEL 6以降での正しいfstabの書き方

/etc/fstab を書くときに、以下のようにデバイス名で書いてしまいがちですが、これはダメな書き

記事を読む

Linuxにapacheをインストールする際のオプション設定方法

デフォルト設定で apache をインストールするときは、以下の手順で実行しますよね。 # tar

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

Error Code : 0x800f0988 の対応方法

0x800f0988でエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑