Intel Core i7

公開日: : PCの技術メモ

今月発売となる Intel Core i7 のレビュー記事が4Gamer.netに載ってました。
http://www.4gamer.net/games/043/G004345/20081102003/
Core i7で何が変わったかについては、Wikipediaより↓↓
-------------------------
 ・従来のノースブリッジによるメモリコントローラを廃止し、CPUに統合する。
 ・メモリはDDR3を利用し、上位製品はトリプルチャンネル、下位製品はデュアルチャンネルに対応。
 ・ポイント・ツー・ポイントで接続するQPIを採用したため、FSBという概念がない。
 ・L1および256KBのL2キャッシュをコアごと実装し、L3キャッシュは全てのコアで共有される。
 ・同時マルチスレッディング技術(SMT)であるHyper-Threading Technology(HTT)を実装し、その場合は4コア製品は最大で同時8スレッドの処理が可能。
-------------------------
とのこと。
まぁ簡単に言うと、OS上から見えるCPUが8個になって、メモリ3本並列処理ができるようになって、
速くなったって事ですな。
てか、FSBという概念が無くなってQPIを採用・・・?
QPIって何じゃい?
ということでググってみると、
-------------------------
QPIは、従来のIntel CPUのFSB(Front Side Bus)に代わる、高速インターコネクト。
アーキテクチャ的には、完全に一新。
QPIでは、インターコネクトの帯域が一気に倍増するだけではなく、CPU同士が直接続される。
-------------------------
とのこと。
何やら今回のCPUは今までのCPUと大幅に異なるみたい。
ちなみに先ほどの4Gamer.netのレビュー記事によると、速いけど、現行のCore2シリーズの方が早い場面もある。
っていう感じでした。
私は結構新しい物好きで、今はCore2Quadのマシンを使ってるんだけど、
今回のCore i7にはそこまで魅力を感じてないのが本音。
まぁ今のマシンでまったくストレスが無いからかも知れませんが…。
 ・CPU自体の大きさもCore2シリーズよりも一回り大きい
 ・発熱も、消費電力もCore2シリーズよりも多い。
 
もうちょっと小型で省エネで、エコなCPUだったら良かったなぁ…と思います。
今回のCore i7 で私が魅力だと思ったのは、
 ・CPUに負荷がかかったとき、負荷のかかったコアのみ、動作クロックを自動的に引き上げる。
っていう機能です。 Intel Turbo Boost Technologyだそうです。
これはありがたい。
ひとまず、発売されても、しばらく様子見がよさそう。
しかし、IntelのCore i7 といい、
MicrosoftのWindows7 といい、
7が付く新製品が多いですね。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

N10JにWindows7製品版をインストールしてみました。

国内での製品版は10月22日発売のWindows7ですが、ちょっと 先取りということで、Window

記事を読む

ブートセクタ修復(ブートブロック修復)

デュアルブート環境バックアップ その1でOSが起動できなくなったので、障害対応です。 起動に失敗→M

記事を読む

no image

PCでやってはいけないことをやってみた。HDDに強力な磁石を…

パソコンでやってはいけないこと…。 たくさんありますね。 そんなやってはいけないことを実験する企画が

記事を読む

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

no image

ワンランク上のネットブック「ASUS N10Jc」

友人がN10Jcを購入したそうで、かなり羨ましい今日この頃です。 私も欲しいのですが、いかんせん先立

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑