Brocade SAN Switchのゾーニング設定方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのZone設定手順です。

スポンサーリンク

事前準備

telnetで接続

作業用端末からBrocade SAN スイッチにtelnetで接続し、adminでログインします。

エイリアスの作成

エイリアスを作成します。

ポートの場合

swd77:admin> alicreate "alias名","Domain ID,ポート番号"
swd77:admin> alicreate "Server01","1,1"

WWNの場合

swd77:admin> alicreate "alias名","WWN"
swd77:admin> alicreate "Server01","00:00:00:00:00:00:00:00"

Zoneの作成

ゾーンを作成します。

エイリアス名で作成する場合

swd77:admin> zonecreate "Zone名","alias名;alias名"
swd77:admin> zonecreate "Zone1","Server1;Server2"

ポート番号で作成する場合

swd77:admin> zonecreate "Zone名","Domain ID,ポート番号;Domain ID,ポート番号"
swd77:admin> zonecreate "Zone1","1,1;1,2"

WWNで作成する場合

swd77:admin> zonecreate "Zone名","WWN;WWN"
swd77:admin> zonecreate "Zone1","00:00:00:00:00:00:00:00;11:11:11:11:11:11:11:11"

Zoneの確認

zoneshowコマンドで確認できます。

swd77:admin> zoneshow

ZoneConfigを作成

ゾーンコンフィグを作成します。

swd77:admin> cfgcreate "ZoneConfig名","Zone名"
swd77:admin> cfgcreate "ZoneConfig1","Zone1"

複数のゾーンが存在する場合は、ゾーンコンフィグに追加します。

swd77:admin> cfgadd "ZoneConfig名","Zone名"
swd77:admin> cfgadd "ZoneConfig1","Zone2"

ZoneConfigの確認

cfgshowコマンドでコンフィグの内容を確認できます。

swd77:admin> cfgshow

ZoneConfigを有効化

ゾーンコンフィグを有効化します。

swd77:admin> cfgenable "ZoneConfig名"
swd77:admin> cfgenable "Zoneconfig1"

設定の保存

設定を保存します。

swd77:admin> cfgsave

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとし

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。 こ

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのタグVLAN設定手順

A5500とかA5800とか5120EIなどのHP社の旧AシリーズSwitch(旧H3C Comwa

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのVLAN作成手順

HP社の旧AシリーズSwitch(A5500とかA5800とか5120SIとか)(というか旧H3Cの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑