Brocade SAN Switchのゾーニング設定方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのZone設定手順です。

スポンサーリンク

事前準備

telnetで接続

作業用端末からBrocade SAN スイッチにtelnetで接続し、adminでログインします。

エイリアスの作成

エイリアスを作成します。

ポートの場合

WWNの場合

Zoneの作成

ゾーンを作成します。

エイリアス名で作成する場合

ポート番号で作成する場合

WWNで作成する場合

Zoneの確認

zoneshowコマンドで確認できます。

ZoneConfigを作成

ゾーンコンフィグを作成します。

複数のゾーンが存在する場合は、ゾーンコンフィグに追加します。

ZoneConfigの確認

cfgshowコマンドでコンフィグの内容を確認できます。

ZoneConfigを有効化

ゾーンコンフィグを有効化します。

設定の保存

設定を保存します。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。

記事を読む

HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとし

記事を読む

Brocade SAN SwitchのSyslog設定方法

Brocade SAN SwitchのSyslog転送設定手順です。 CLIでの手順です。 事前

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑