Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。

ここでは Fabos Version 7.4.1a にアップグレードする場合を例にします。

事前準備

Fabric OSのダウンロード

メーカーサイトでアップグレードしたいバージョンのFabricOSをダウンロードします。(基本的にzipファイルですね)

スポンサーリンク

解凍

ダウンロードしたFablicOSのzipファイルを解凍します。

FTPサーバにアップグレード用ファイルを配置

作業用PC等でFTPサーバを起動し、FTPサーバのルートディレクトリ( / )に、解凍したFablicOSのファイルを配置します。
「v7.4.1a」とかのフォルダの中身を全部ルートディレクトリ直下に置きます。(sbinとか、SWBDxxとかのファイルが全部( / )直下配置された状態)

アップグレード

Brocade の SAN スイッチにTelnetで接続し、adminでログインします。

firmwaredownload コマンドを実行し、アップグレードを開始します。”★”部分はコメント。

自動で再起動されるはずですが、再起動されない場合は、rebootしてください。

アップグレード後の確認

firmwaredownloadstatus コマンドで正常終了を確認します。

firmwareshow コマンドでアップグレード後のファームウェアバージョンを確認します。

v7.4.1a にアップグレードできたことが確認できました。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのポートVLAN設定手順

A5500とかA5800とか5120SIなどのHP社の旧AシリーズSwitch(旧H3CのSwitc

記事を読む

Brocade SAN SwitchのFablicOSでよく使う確認コマンドまとめ

Brocade SAN Switch FablicOSで良く使う確認コマンドについてまとめておきます

記事を読む

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定方法

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定手順です。 事前準備 作業用端末の準備 bro

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑