Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。

ここでは Fabos Version 7.4.1a にアップグレードする場合を例にします。

事前準備

Fabric OSのダウンロード

メーカーサイトでアップグレードしたいバージョンのFabricOSをダウンロードします。(基本的にzipファイルですね)

スポンサーリンク

解凍

ダウンロードしたFablicOSのzipファイルを解凍します。

FTPサーバにアップグレード用ファイルを配置

作業用PC等でFTPサーバを起動し、FTPサーバのルートディレクトリ( / )に、解凍したFablicOSのファイルを配置します。
「v7.4.1a」とかのフォルダの中身を全部ルートディレクトリ直下に置きます。(sbinとか、SWBDxxとかのファイルが全部( / )直下配置された状態)

アップグレード

Brocade の SAN スイッチにTelnetで接続し、adminでログインします。

firmwaredownload コマンドを実行し、アップグレードを開始します。”★”部分はコメント。

自動で再起動されるはずですが、再起動されない場合は、rebootしてください。

アップグレード後の確認

firmwaredownloadstatus コマンドで正常終了を確認します。

firmwareshow コマンドでアップグレード後のファームウェアバージョンを確認します。

v7.4.1a にアップグレードできたことが確認できました。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのゾーニング設定方法

Brocade SAN SwitchのZone設定手順です。 事前準備 telnetで接

記事を読む

Catalystのパスワード設定手順

Catalystのパスワード設定方法です。 ここでは以下3種類のパスワード設定方法と、その確認

記事を読む

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑