Brocade SAN SwitchのDomain ID設定方法

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 Networkの技術メモ

Brocade SAN Switchの ドメイン ID 設定手順です。

スポンサーリンク

事前準備

telnetで接続

作業用端末からBrocade SAN スイッチにtelnetで接続し、adminでログインします。

Domain ID 設定

スイッチをdisableにする

switchdisable コマンドを実行してスイッチをdisableにします。

Domain IDを設定する

configure コマンドを実行して設定を進めます。ドメインIDだけ設定したら、[ctrl + D]で設定を抜けます。

スイッチをenableにする

switchenable コマンドを実行してスイッチをenableにします。

設定確認

switchshow コマンドで設定を確認します。

設定されていることが確認できましたね。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

Brocade SAN Switchの設定バックアップ方法

Brocade SAN Switchの設定をバックアップする手順です。 コンフィグを転送するプロト

記事を読む

Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

Catalystのパスワード設定手順

Catalystのパスワード設定方法です。 ここでは以下3種類のパスワード設定方法と、その確認

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑