Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定手順です。

事前準備

作業用端末の準備

brocade SAN スイッチの工場出荷状態(デフォルト)のIPアドレスは以下のとおりであるはずなので、

IPアドレス:10.77.77.77
サブネットマスク:255.255.255.0

作業用端末に同じセグメントのIPアドレスを設定します。(例です)

IPアドレス:10.77.77.100
サブネットマスク:255.255.255.0

telnetで接続

作業用端末からBrocade SAN スイッチにtelnetで接続します。

IPアドレス設定

ipaddrset コマンドを実行して設定を進めます。

192.168.0.100/24 のIPアドレスで、192.168.0.1のゲートウェイを設定したい場合を例にします。

IPアドレスを変更すると接続できなくなるので、IPアドレス変更後のSANスイッチと同じセグメントのIPアドレスを作業用端末に付与します。

設定確認

ipaddrshow コマンドで設定を確認します。

設定されていることが確認できました。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのタイムゾーン・NTP時刻設定方法

Brocade SAN スイッチのtime zone設定と、NTP設定手順です。 作業準備 teln

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイムゾー

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑