Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定手順です。

事前準備

作業用端末の準備

brocade SAN スイッチの工場出荷状態(デフォルト)のIPアドレスは以下のとおりであるはずなので、

IPアドレス:10.77.77.77
サブネットマスク:255.255.255.0

作業用端末に同じセグメントのIPアドレスを設定します。(例です)

IPアドレス:10.77.77.100
サブネットマスク:255.255.255.0

telnetで接続

作業用端末からBrocade SAN スイッチにtelnetで接続します。

IPアドレス設定

ipaddrset コマンドを実行して設定を進めます。

192.168.0.100/24 のIPアドレスで、192.168.0.1のゲートウェイを設定したい場合を例にします。

IPアドレスを変更すると接続できなくなるので、IPアドレス変更後のSANスイッチと同じセグメントのIPアドレスを作業用端末に付与します。

設定確認

ipaddrshow コマンドで設定を確認します。

設定されていることが確認できました。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

Catalystのパスワード設定手順

Catalystのパスワード設定方法です。 ここでは以下3種類のパスワード設定方法と、その確認

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

Brocade SAN SwitchのFablicOSでよく使う確認コマンドまとめ

Brocade SAN Switch FablicOSで良く使う確認コマンドについてまとめておきます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑