Brocade SAN Switchの設定バックアップ方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN Switchの設定をバックアップする手順です。
コンフィグを転送するプロトコルは主に以下の3つ(とlocal)が選べます。

  • scp
  • ftp
  • sftp

CLIでの手順です。

事前準備

バックアップ先にscp,ftp,sftpサーバのどれかを用意します。
(WindowsクライアントにFTPサーバを用意するのが一般的ですかね)
Brocade の SAN スイッチにTelnet等で接続し、adminやrootでログインします。

スポンサーリンク

バックアップ

以下のコマンドを実行し、対話式でバックアップを進めます。”★”部分はコメントです。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのポートVLAN設定手順

A5500とかA5800とか5120SIなどのHP社の旧AシリーズSwitch(旧H3CのSwitc

記事を読む

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定方法

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定手順です。 事前準備 作業用端末の準備

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑