WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。
仕事でWindowsServerを扱っていると、パッチを取捨選択して取得したい時があります。
複数のサーバを同じパッチレベルにしたい時とかね。
まぁその場合は、WSUSサーバを構築すれば、簡単に複数のサーバを同じパッチレベルにできますが、WSUSサーバの無い顧客先で作業をするときにはパッチファイルを個別DLしたうえで持参する必要があったりします。
別に個別にダウンロードすれば良いのですが、一括DLするほうが楽です。
前置きが長くなりましたが、方法は以下の通り。

スポンサーリンク

MS公式のDLサイト

http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx
※接続するとActiveXのインストールが求められます。

DLできるもの

以下のものがダウンロード可能です。

  • デバイス ドライバー
  • 修正プログラム
  • 更新されたシステム ファイル
  • Service Pack
  • Windows の新機能

使い方

  1. 右上の検索欄で欲しいパッチを絞る
    例:「Windows Server 2008 R2」とか「Windows Server 2003 セキュリティ」など
  2. ダウンロードしたいパッチを選択して「追加」を押す
  3. 「バスケットの表示」を押す
  4. 「ダウンロード」を押す

これでパッチを個別DLする手間が少し楽になります。

以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windows7の「XPモード」とは・・・

Windows7では、WindowsXP用のアプリケーションを実行するために、仮想化を用いるそうです

記事を読む

N10JにWindows7製品版をインストールしてみました。

国内での製品版は10月22日発売のWindows7ですが、ちょっと 先取りということで、Window

記事を読む

WindowsUpdateで0x80072f78, 0x80090305, 0x8009033f エラーが出るときの対処法

WindowsUpdateを実施しようとして、以下のエラーが出るときの対処法です。 80072

記事を読む

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (WindowsがN

記事を読む

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑