WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。
仕事でWindowsServerを扱っていると、パッチを取捨選択して取得したい時があります。
複数のサーバを同じパッチレベルにしたい時とかね。
まぁその場合は、WSUSサーバを構築すれば、簡単に複数のサーバを同じパッチレベルにできますが、WSUSサーバの無い顧客先で作業をするときにはパッチファイルを個別DLしたうえで持参する必要があったりします。
別に個別にダウンロードすれば良いのですが、一括DLするほうが楽です。
前置きが長くなりましたが、方法は以下の通り。

スポンサーリンク

MS公式のDLサイト

http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx
※接続するとActiveXのインストールが求められます。

DLできるもの

以下のものがダウンロード可能です。

  • デバイス ドライバー
  • 修正プログラム
  • 更新されたシステム ファイル
  • Service Pack
  • Windows の新機能

使い方

  1. 右上の検索欄で欲しいパッチを絞る
    例:「Windows Server 2008 R2」とか「Windows Server 2003 セキュリティ」など
  2. ダウンロードしたいパッチを選択して「追加」を押す
  3. 「バスケットの表示」を押す
  4. 「ダウンロード」を押す

これでパッチを個別DLする手間が少し楽になります。

以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Error Code : 0x80004005 の対応方法

0x80004005でエラーになった時の対処法です。 2016年01月24日:Windows10の情

記事を読む

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (WindowsがN

記事を読む

WindowsServer2008で拡張パーティションを作る技!

GUIでパーティションを作成しようとすると、3つ目のパーティションまでは プライマリパーティション。

記事を読む

explorerがフリーズしても困らないようにする究極技

ああ、またエクスプローラが固まった…。 デスクトップのすべての操作が出来ない…最悪だ。 という経験し

記事を読む

ブルースクリーン”0x0000008E”対処法

まれにWindowsXPがブルースクリーンで落ちる。(Windows7でも有効のようです) エラーN

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑