WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。
仕事でWindowsServerを扱っていると、パッチを取捨選択して取得したい時があります。
複数のサーバを同じパッチレベルにしたい時とかね。
まぁその場合は、WSUSサーバを構築すれば、簡単に複数のサーバを同じパッチレベルにできますが、WSUSサーバの無い顧客先で作業をするときにはパッチファイルを個別DLしたうえで持参する必要があったりします。
別に個別にダウンロードすれば良いのですが、一括DLするほうが楽です。
前置きが長くなりましたが、方法は以下の通り。

スポンサーリンク

MS公式のDLサイト

http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx
※接続するとActiveXのインストールが求められます。

DLできるもの

以下のものがダウンロード可能です。

  • デバイス ドライバー
  • 修正プログラム
  • 更新されたシステム ファイル
  • Service Pack
  • Windows の新機能

使い方

  1. 右上の検索欄で欲しいパッチを絞る
    例:「Windows Server 2008 R2」とか「Windows Server 2003 セキュリティ」など
  2. ダウンロードしたいパッチを選択して「追加」を押す
  3. 「バスケットの表示」を押す
  4. 「ダウンロード」を押す

これでパッチを個別DLする手間が少し楽になります。

以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラーコード概要 お使いのPCまた

記事を読む

Windows8.1でタスクバーのピンが異常に大きくなってズレる現象の治し方

タスクバーのアイコンのピン留めは、普通はこうですよね? それが、ある日突然大きくなってズレはじ

記事を読む

Error Code : 0x80004005 の対応方法

0x80004005でエラーになった時の対処法です。 2016年01月24日:Windows10の情

記事を読む

N10JにWindows7製品版をインストールしてみました。

国内での製品版は10月22日発売のWindows7ですが、ちょっと 先取りということで、Window

記事を読む

5分で理解するWindows7 ホームグループ

WindowsのネットワークにはWorkGroupがありますが、 Windows7からはホームグルー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

Error Code : 0x800f0988 の対応方法

0x800f0988でエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑