XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを得なくなりました。

背景

  • 現在、ホストOS:Windows Vista。VMゲストOS:Windows XP の環境。
  • 昔購入したフォトショップ(もちろん正規品)がVistaに未対応
  • VMのXPではレガシーなグラボがエミュレーションされるため、今搭載しているグラボ(GeForce8600GT)が活かせずもったいない。

ということでVM上のXPでフォトショップを動かすことを諦め、VistaとXPのデュアルブート環境を構築することに…。

準備

バックアップをとる。(というか外付けHDDにデータの一時退避)

  • メール
  • お気に入り
  • 各種アプリケーションの設定ファイル
  • マイドキュメンツの中身
  • デスクトップ上のファイル

引き継ぎたいデータって意外と少ないかも…

ドライブ構成

Cドライブ…XP…25G
Dドライブ…Vista…70G
Eドライブ…データ領域…残り全部G

こんな感じの予定。

注意事項2つ

  • XP→Vistaの順でインストールしないとダメ
  • XPを入れたパーティションより後のパーティションに、Vistaを入れないとダメ

XPを入れたパーティションより前のパーティションにVistaを入れると、XPが起動できなくなる。
既存OSのパーティションより前のパーティションにVistaを入れると、Vistaのセットアッププログラムが既存OSを見つけられないっていうのが原因らしい。

Windows XPのインストール

  • XPのCD入れてブート。
  • インストーラー走る。
  • HDDの領域消す。
  • XP用の領域作る。(25G*1024=25,600M)
  • クイックフォーマットNTFSでインストール開始。
  • インストール完了。
  • XPの起動確認。OK。
  • ドライバその他もろもろのインストールは後回し。

Windows Vistaのインストール

VistaのDVD入れてブート

  • インストーラー走る。
  • 先ほどのXPの領域を消さずにVista用の領域を作る。(70G*1024=71,680M)
  • 今作ったVista用の領域を指定してインストール開始。
  • インストール完了。
  • デュアルブート確認。(Windowsブートマネージャで開始するOSを選べることを確認)
    Microsoft Windows Vista
    以前のバージョンの Windows
  • どちらからでも起動できることを確認。

後処理

XPとVista両方でやらないといけないから面倒…だが仕方ない。

  • インテル® チップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティー 入れる。
  • ドライバ入れる。
  • 最低限のアプリ入れる
    ウイルス対策ソフト、圧縮解凍ソフト、などなど。
  • 最初に取っておいたバックアップ戻す。
    メール
    お気に入り
    各種アプリケーションの設定ファイル
    マイドキュメンツの中身
    デスクトップ上のファイル
  • OS上で、
    【起動と回復】 ダイアログの、
    □オペレーティングシステムの一覧を表示する時間
    を10秒に設定しておくといいと思う。
    起動のたびに毎回30秒待つのはバカらしい。
    まあ選んでEnter押せばいいんだけど。。
  • ドライブの名前つけておく
    XP(C:) Vista(D:)とかつけといた方が分かりやすい。

デュアルブートにしてから分かったこと

  • XP上ではXPが入ってるドライブCドライブ、Vistaが入ってる方がDドライブとして認識される。
  • Vista上ではVistaが入ってるドライブがCドライブ、XPが入ってるドライブがDドライブとして認識される。

ということで、ドライブの名前を XP(C:) Vista(D:)とかつけといた方が分かりやすい

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化

もうすぐWindows7が出るけれども、まだまだWindowsXPで頑張りたい人向けのメモです。 W

記事を読む

WindowsServer2008R2の固定ユーザプロファイル作成方法

WindowsVistaやWindowsServer2008以降では、規定のプロファイルが簡単にコピ

記事を読む

explorerがフリーズしても困らないようにする究極技

ああ、またエクスプローラが固まった…。 デスクトップのすべての操作が出来ない…最悪だ。 という経験し

記事を読む

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、 1.ファイルを右クリック 2.プロパティ

記事を読む

no image

ASUS N10J(N10Jc)を分解しました。

N10Jを買っちゃいました。 いやぁ、どうしても欲しかったんで。 買った感想は、とても満足!!です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

Error Code : 0x800f0988 の対応方法

0x800f0988でエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑