windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ ,

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス ですが、Windows8.1では表示されなくなりました。

winsat

しかしながら無くなった訳ではなく、コマンドで実行することができます。
今回はその実行方法についての記事です。

スポンサーリンク

Step1.コマンドプロンプト(管理者)を起動する

Windows8.1では、画面左下のWindowsロゴを右クリックして、コマンドプロンプト(管理者)を実行しましょう。

winsat00

Step2.winsat コマンドを実行する

というコマンドラインを実行します。

winsat03

Step3.出力結果を確認する

C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore

配下に結果が出力されますので、確認します。
ただ、xmlで出力されるため、Windows8までのようにGUIでは確認できません。

winsat01

Step4.WinSAT Viewerを使って見る

WinSAT ViewerというWebサイトがあります。
http://winsat.aroundit.net/

このWebサイトに行き、Step3 で確認したxmlファイルをドロップします。

[日付].Formal.Assesment(Initial).WinSAT.xml
このファイルだけドロップします。

winsat02

Step5.結果がGUIで確認できる

GUIで結果が見れます。

winsat

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsServer2008で拡張パーティションを作る技!

GUIでパーティションを作成しようとすると、3つ目のパーティションまでは プライマリパーティション。

記事を読む

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。 仕事で設定書を作成するときに

記事を読む

VISTAで sqmdata00.sqm sqmnoopt00.sqm が作成される

Windows Vista 環境でCドライブ直下に sqmdata00.sqm sqmnoopt00

記事を読む

Windows7のシステム要件

Windows7のRC版 日本での一般公開が5月7日に決定したそうです。 (米国向けには5/5から、

記事を読む

ブルースクリーン”0x0000008E”対処法

まれにWindowsXPがブルースクリーンで落ちる。(Windows7でも有効のようです) エラーN

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑