windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ ,

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス ですが、Windows8.1では表示されなくなりました。

winsat

しかしながら無くなった訳ではなく、コマンドで実行することができます。
今回はその実行方法についての記事です。

スポンサーリンク

Step1.コマンドプロンプト(管理者)を起動する

Windows8.1では、画面左下のWindowsロゴを右クリックして、コマンドプロンプト(管理者)を実行しましょう。

winsat00

Step2.winsat コマンドを実行する

というコマンドラインを実行します。

winsat03

Step3.出力結果を確認する

C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore

配下に結果が出力されますので、確認します。
ただ、xmlで出力されるため、Windows8までのようにGUIでは確認できません。

winsat01

Step4.WinSAT Viewerを使って見る

WinSAT ViewerというWebサイトがあります。
http://winsat.aroundit.net/

このWebサイトに行き、Step3 で確認したxmlファイルをドロップします。

[日付].Formal.Assesment(Initial).WinSAT.xml
このファイルだけドロップします。

winsat02

Step5.結果がGUIで確認できる

GUIで結果が見れます。

winsat

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

デュアルブート環境バックアップ その1

せっかくデュアルブート環境を作ったので、NortonGhost2003でのバックアップを試みた。 V

記事を読む

PowerShellでレジストリを設定する方法

PowerShellでレジストリ値の変更や追加を行う方法です。 まず、例として、デスクトップ上にW

記事を読む

フォルダ内のファイルを再帰的にリネームするバッチファイルの書き方

例として、特定フォルダ配下の、拡張子が"log"のファイルを"txt"に変更したい場合。 要はこのよ

記事を読む

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上でE

記事を読む

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。 仕事で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑