Windowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , , ,

構築というと大げさですが、Windows7やWindows8、8.1の標準機能でpptp の VPN Serverが構築できます。

セキュリティのことを考慮すると、L2TP/IPsecとかが理想ですが、取り急ぎVPNを構築する必要がある場合には、Windowsの標準機能で構築するのが簡単です。

(Client側については次の記事で書きます)

スポンサーリンク

 構築手順

1)コントロールパネルから、ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター>アダプタの設定の変更 を開く。(要は、この画面まで移動する)

pptp-server01

 

2)Alt を押して、ファイル>新しい着信接続 をクリック。

pptp-server02

 3)VPN接続を許可するユーザを選択して「次へ」をクリック。(事前にユーザを作っておいても、この画面で作ってもOK)

pptp-server03

 4)「インターネット経由」にチェックが入っていることを確認して、「次へ」。

pptp-server04

 5)「インターネットプロトコル バージョン4」にチェックが入っていることを確認して、「アクセス許可」をクリック。(VPN接続時にクライアントが使うIPアドレスとかについてきちんと設定したい場合は、プロパティをクリックして設定する)

pptp-server05

 6)指定したユーザーがこのコンピューターに接続できるようになりました ということで、構築完了。「閉じる」をクリック。

pptp-server06

 7)「着信接続」というものができていることを確認する。(「接続しているクライアントはありません」と表示されている間は、誰も繋いできていない。繋いでくると、接続中の人数が表示される)

pptp-server07

以上でpptpのVPNサーバ構築は完了です。簡単ですね。

 

以上

オススメは、ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210 ですよ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

VISTAで sqmdata00.sqm sqmnoopt00.sqm が作成される

Windows Vista 環境でCドライブ直下に sqmdata00.sqm sqmnoopt00

記事を読む

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、 1.ファイルを右クリック 2.プロパティ

記事を読む

PowerShellでレジストリを設定する方法

PowerShellでレジストリ値の変更や追加を行う方法です。 まず、例として、デスクトップ上にW

記事を読む

WindowsUpdateが0x80070422エラーで失敗するときの対処法

コード80070422 Windows Update で不明なエラーが発生しました。 というエラー

記事を読む

Windows7の電卓はスゴイ!!

Windows7の電卓はスゴイです。 関数電卓だけじゃなくて、プログラマ電卓が使えるそうです。 プロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑