Windowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 Windowsの技術メモ , , ,

構築というと大げさですが、Windows7やWindows8、8.1の標準機能でpptp の VPN Serverが構築できます。

セキュリティのことを考慮すると、L2TP/IPsecとかが理想ですが、取り急ぎVPNを構築する必要がある場合には、Windowsの標準機能で構築するのが簡単です。

(Client側については次の記事で書きます)

スポンサーリンク

 構築手順

1)コントロールパネルから、ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター>アダプタの設定の変更 を開く。(要は、この画面まで移動する)

pptp-server01

 

2)Alt を押して、ファイル>新しい着信接続 をクリック。

pptp-server02

 3)VPN接続を許可するユーザを選択して「次へ」をクリック。(事前にユーザを作っておいても、この画面で作ってもOK)

pptp-server03

 4)「インターネット経由」にチェックが入っていることを確認して、「次へ」。

pptp-server04

 5)「インターネットプロトコル バージョン4」にチェックが入っていることを確認して、「アクセス許可」をクリック。(VPN接続時にクライアントが使うIPアドレスとかについてきちんと設定したい場合は、プロパティをクリックして設定する)

pptp-server05

 6)指定したユーザーがこのコンピューターに接続できるようになりました ということで、構築完了。「閉じる」をクリック。

pptp-server06

 7)「着信接続」というものができていることを確認する。(「接続しているクライアントはありません」と表示されている間は、誰も繋いできていない。繋いでくると、接続中の人数が表示される)

pptp-server07

以上でpptpのVPNサーバ構築は完了です。簡単ですね。

 

以上

オススメは、ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210 ですよ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsToGo

WindowsToGoドライブのつくり方

注意 WindowsToGoを使うにはWindows8 Enterpriseのボリュームライセンス

記事を読む

windows-logo

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、  1.ファイルを右クリック  2.プ

記事を読む

windows-logo

ブルースクリーン”0x0000008E”対処法

まれにWindowsXPがブルースクリーンで落ちる。(Windows7でも有効のようです) エラー

記事を読む

windows-logo

Windows Messengerを削除する方法

久々にPCを再セットアップしたので、思い出しついでのメモです。 最近はWindowsLiveMes

記事を読む

windows-logo

WindowsUpdateが0x800736CCエラーで失敗するときの対処法

Windows Updateで800736CCエラーが出たときの対処法です。 Windows7

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑