Windowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , , ,

構築というと大げさですが、Windows7やWindows8、8.1の標準機能でpptp の VPN Serverが構築できます。

セキュリティのことを考慮すると、L2TP/IPsecとかが理想ですが、取り急ぎVPNを構築する必要がある場合には、Windowsの標準機能で構築するのが簡単です。

(Client側については次の記事で書きます)

スポンサーリンク

 構築手順

1)コントロールパネルから、ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター>アダプタの設定の変更 を開く。(要は、この画面まで移動する)

pptp-server01

 

2)Alt を押して、ファイル>新しい着信接続 をクリック。

pptp-server02

 3)VPN接続を許可するユーザを選択して「次へ」をクリック。(事前にユーザを作っておいても、この画面で作ってもOK)

pptp-server03

 4)「インターネット経由」にチェックが入っていることを確認して、「次へ」。

pptp-server04

 5)「インターネットプロトコル バージョン4」にチェックが入っていることを確認して、「アクセス許可」をクリック。(VPN接続時にクライアントが使うIPアドレスとかについてきちんと設定したい場合は、プロパティをクリックして設定する)

pptp-server05

 6)指定したユーザーがこのコンピューターに接続できるようになりました ということで、構築完了。「閉じる」をクリック。

pptp-server06

 7)「着信接続」というものができていることを確認する。(「接続しているクライアントはありません」と表示されている間は、誰も繋いできていない。繋いでくると、接続中の人数が表示される)

pptp-server07

以上でpptpのVPNサーバ構築は完了です。簡単ですね。

 

以上

オススメは、ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210 ですよ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windows XP の便利なショートカットキー一覧!!

Windowsにはたくさんのショートカットキーがあります。 簡単なものだと、下記のものがあります。

記事を読む

explorerがフリーズしても困らないようにする究極技

ああ、またエクスプローラが固まった…。 デスクトップのすべての操作が出来ない…最悪だ。 という経験し

記事を読む

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (WindowsがN

記事を読む

5分で理解するWindows7 ホームグループ

WindowsのネットワークにはWorkGroupがありますが、 Windows7からはホームグルー

記事を読む

ドメインコントローラの調子が悪いときに打つコマンド

ドメインコントローラにつながらない、何か変だ…というときに最初に打つコマンドを2つ紹介。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑