東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

公開日: : PCの技術メモ, 買ってみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R35を愛用しています。
消費電力が10W程度と、かなり省エネでありながら、CPUがCeleron 2957U 1.40GHzでQSVにも対応していて動画のエンコードもできる素敵なノートPCです。

そんな素敵な東芝 Dynabook Satellite R35ですが、標準搭載しているメモリは4GBしかありません。

東芝 Dynabook Satellite R35の仕様を確認してみると、PC3L-12800(DDR3L-1600)のメモリが2枚挿せ、16GBまで認識可能ということが分かりました。
r35-shiyou

ということで、増設できるならするしかないので、増設してみました。

スポンサーリンク

購入物

どうせ買うなら永久保証のものが良いので、SP シリコンパワー ノートPC用メモリ 8GB×2枚組 DDR3-1600 PC3-12800 SO-DIMM (無期限保証) SP016GBSTU160N22を買いました。

届いたのがこのメモリです。8GBが2枚で16GBです。1.35Vに対応している旨が記載されたシールが貼ってありますね。
SP016GBSTU160N22

増設作業

簡単すぎて写真を載せるほどではない(というか、写真を撮り忘れた)ので、文字だけの説明ですが、東芝 Dynabook Satellite R35にメモリを増設するには、ノートPC背面のネジを全部取り外す必要があります。言い換えると、背面のネジを全部取りはずせば、メモリが増設できます。

ですので、東芝 Dynabook Satellite R35を裏向けにして、見えるネジを全部外して、背面パネルをガバッと取り外します。

そして既存の4GBメモリを取り外し、2つのメモリスロットにメモリを挿します(増設します)。

OSからの認識状態を確認する

メモリが16GBと認識されていることを確認します。
mem16gb-system

16GBのメモリの使い道

仮想マシンに割り当てました。
16GBあったら数台の仮想マシンを起動することができるので、検証作業などなどが捗ります。
hyper-v-mem16gb

おさらい

silicon powerのSP016GBSTU160N22です。永久保証なのが良いですね!

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

no image

「SDカード->1.8インチHDD変換」と32GBのSDHCカード購入!失敗…。

長年使用しているDAP(iAudioM3L)のHDDを換装しようと思って、 SD(SDHC)から1.

記事を読む

no image

Let’s note R4H のHDDを320Gに換装 その1

先月の話になってしまいますが、WD3200BEVEが発売されました。 2.5インチIDE HDDで

記事を読む

windows-logo

XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを

記事を読む

SanDisk Ultra Fit 128GB 4個でRAID5を構築してみた

先日、Raspberry Pi 2 Model B 用に、SanDisk Ultra Fit 128

記事を読む

no image

PCでやってはいけないことをやってみた。HDDに強力な磁石を…

パソコンでやってはいけないこと…。 たくさんありますね。 そんなやってはいけないことを実験する企画が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォル

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するために

Xperia Z3 Compact のバッテリーを交換する方法

私は Sony の Xperia Z3 Compact をとても気に入

東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R

結局Raspberry Pi 2 Model Bのケースを購入した

先日Raspberry Pi 2 Model Bのケースを自作してみま

→もっと見る

PAGE TOP ↑