東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 PCの技術メモ, 買ってみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R35を愛用しています。
消費電力が10W程度と、かなり省エネでありながら、CPUがCeleron 2957U 1.40GHzでQSVにも対応していて動画のエンコードもできる素敵なノートPCです。

そんな素敵な東芝 Dynabook Satellite R35ですが、標準搭載しているメモリは4GBしかありません。

東芝 Dynabook Satellite R35の仕様を確認してみると、PC3L-12800(DDR3L-1600)のメモリが2枚挿せ、16GBまで認識可能ということが分かりました。
r35-shiyou

ということで、増設できるならするしかないので、増設してみました。

スポンサーリンク

購入物

どうせ買うなら永久保証のものが良いので、SP シリコンパワー ノートPC用メモリ 8GB×2枚組 DDR3-1600 PC3-12800 SO-DIMM (無期限保証) SP016GBSTU160N22を買いました。

届いたのがこのメモリです。8GBが2枚で16GBです。1.35Vに対応している旨が記載されたシールが貼ってありますね。
SP016GBSTU160N22

増設作業

簡単すぎて写真を載せるほどではない(というか、写真を撮り忘れた)ので、文字だけの説明ですが、東芝 Dynabook Satellite R35にメモリを増設するには、ノートPC背面のネジを全部取り外す必要があります。言い換えると、背面のネジを全部取りはずせば、メモリが増設できます。

ですので、東芝 Dynabook Satellite R35を裏向けにして、見えるネジを全部外して、背面パネルをガバッと取り外します。

そして既存の4GBメモリを取り外し、2つのメモリスロットにメモリを挿します(増設します)。

OSからの認識状態を確認する

メモリが16GBと認識されていることを確認します。
mem16gb-system

16GBのメモリの使い道

仮想マシンに割り当てました。
16GBあったら数台の仮想マシンを起動することができるので、検証作業などなどが捗ります。
hyper-v-mem16gb

おさらい

silicon powerのSP016GBSTU160N22です。永久保証なのが良いですね!

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

ブートセクタ修復(ブートブロック修復)

デュアルブート環境バックアップ その1でOSが起動できなくなったので、障害対応です。 起動に失敗→M

記事を読む

Sony Walkman A846を買ってみた。

ものすごく今更ですが、数年前にWaklmanのA846に買い換えました。 何故買い換えたかというと、

記事を読む

モニタアームを買ってみた

作業机上の作業スペース確保と見た目向上のために、モニタアームを導入しました。 支柱取付け液晶モニタ

記事を読む

Intel Core i9 が登場ですって。

Intel がCore2シリーズを撤廃して、「Core i3」「Core i5」「Core i7」「

記事を読む

no image

ノートパソコン夏対策!!

夏到来です。 暑くなってきました。 そしてノートPCも熱くなってきました。 ということで、ノートPC

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑