CatalystのNTP設定手順

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Networkの技術メモ ,

Catalystの時刻設定方法です。

ここでは以下3つの設定について解説します。

  1. タイムゾーン設定
  2. NTP設定(優先度設定)
  3. ログのタイムスタンプ設定

スポンサーリンク

タイムゾーン設定

日本の場合は、UTC+9時間に設定する。

NTP設定

複数設定できる。prefer を付けたntpサーバが優先される。

複数のVLAN(セグメント)が存在する場合は、どのVLANからntpサーバと時刻同期するのかを指定する

確認

タイムスタンプ設定

設定しておかないと、ログに時刻が出力されなくて困ることになるので設定推奨!

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchの設定バックアップ方法

Brocade SAN Switchの設定をバックアップする手順です。 コンフィグを転送するプロトコ

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。 こ

記事を読む

Brocade SAN SwitchのFablicOSでよく使う確認コマンドまとめ

Brocade SAN Switch FablicOSで良く使う確認コマンドについてまとめておきます

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑