CatalystのNTP設定手順

公開日: : Networkの技術メモ ,

Catalystの時刻設定方法です。

ここでは以下3つの設定について解説します。

  1. タイムゾーン設定
  2. NTP設定(優先度設定)
  3. ログのタイムスタンプ設定

スポンサーリンク

タイムゾーン設定

日本の場合は、UTC+9時間に設定する。

NTP設定

複数設定できる。prefer を付けたntpサーバが優先される。

複数のVLAN(セグメント)が存在する場合は、どのVLANからntpサーバと時刻同期するのかを指定する

確認

タイムスタンプ設定

設定しておかないと、ログに時刻が出力されなくて困ることになるので設定推奨!

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchの設定バックアップ方法

Brocade SAN Switchの設定をバックアップする手順です。 コンフィグを転送するプロト

記事を読む

Brocade SAN SwitchのSNMPトラップ設定方法

Brocade SAN スイッチのSNMPトラップ設定手順です。 CLIでの手順です。 事前準備

記事を読む

Brocade SAN Switchのゾーニング設定方法

Brocade SAN SwitchのZone設定手順です。 事前準備 telnetで接

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑