HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

公開日: : 最終更新日:2016/01/29 Networkの技術メモ

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとして、文字化けで困った場合の対処法、設定のためのIPアドレス設定方法です。

スポンサーリンク

シリアルのボーレート設定

実は、HP 1950 Switchのコンソールは、ボーレート(bound rate) 9600 で接続できません。

38400 にする必要があります。

HP 1950 Switch Series Getting Started Guide のP16に記載がありました。

  • second – 38400.
  • Data bits – 8.
  • Stop bits – 1.
  • Parity – None.
  • Flow control – None.

TeraTermを使う場合は、以下のように設定が必要です。

hp1950-bound-rate

デフォルトユーザ名とパスワード

デフォルトのユーザ名とパスワードはこちらです。

  • ユーザ名:admin
  • パスワード:なし

IP Address設定

以下のIPアドレスを設定したい場合を例にします。

  • IPアドレス:192.168.0.1
  • サブネットマスク:255.255.255.0

その他の設定

後はブラウザで、設定したIPアドレスに接続して、GUIで設定を実施しましょう。(HP 1910 SwitchはCUIでは設定できません)

 

設定の手助けになれば幸いです。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイ

記事を読む

Brocade SAN SwitchのDomain ID設定方法

Brocade SAN Switchの ドメイン ID 設定手順です。 事前準備 tel

記事を読む

Brocade SAN Switchのタイムゾーン・NTP時刻設定方法

Brocade SAN スイッチのtime zone設定と、NTP設定手順です。 作業準備 te

記事を読む

Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑