vSphere(ESXi)のパッチ適用手順

公開日: : VMwareの技術メモ

vSphere5.1や5.5など、ESXiへのパッチ適用方法です。

スポンサーリンク

事前準備

  • パッチをダウンロードする
  • ESXiのデータストアにパッチをアップロードする
  • ESXiホストのSSHを有効にする

パッチのダウンロードについては、vSphere(ESXi)のパッチ適用手順 を参照のこと。

ここでは、datastore1というデータストアに、patchというディレクトリを作成し、その中にESXi550-201505002.zipというパッチをアップロードしたとして解説します。

適用手順

ESXiにsshで接続します。

パッチの中身を確認

以下の4種類が含まれていることが分かります。

  • ESXi-5.5.0-20150504001-no-tools
  • ESXi-5.5.0-20150501001s-standard
  • ESXi-5.5.0-20150501001s-no-tools
  • ESXi-5.5.0-20150504001-standard

適用が必要なのは、ESXi-5.5.0-20150504001-standardです。(sが付いていない方)

適用の試験

 適用

 再起動

Reboot Required:true と出力された場合は、ESXiサーバを再起動する。

その後、vSphereClientで接続して、ビルド番号が変わっていることを確認する。
esxi_patch_apply

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

ESX3.5,ESXi3.5でsshを有効にする方法

ESX3.5およびESXi3.5でssh接続を有効にする方法です。 ESX3.5の場合

記事を読む

vSphere(ESXi)のセキュリティパッチのダウンロード方法

いつもURLが分からなくなるので、備忘録です。 ESXiのパッチのダウンロードURLはこちらで

記事を読む

vSphereCLI Linux版のインストール方法

公式サイトからvSphere CLI (vCLI)のLINUX版をダウンロードします。 ※要ユーザ

記事を読む

ESXi5.5でsshを有効にする方法

ESXi5.5でssh接続を有効にする方法です。 手順 vSphereClientでES

記事を読む

ESXiの設定をバックアップ・リストアする方法

ESXiの設定をバックアップ、リストアするコマンドです。 準備 コマンドを使うために、vCLIを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑