vSphere(ESXi)のパッチ適用手順

公開日: : VMwareの技術メモ

vSphere5.1や5.5など、ESXiへのパッチ適用方法です。

スポンサーリンク

事前準備

  • パッチをダウンロードする
  • ESXiのデータストアにパッチをアップロードする
  • ESXiホストのSSHを有効にする

パッチのダウンロードについては、vSphere(ESXi)のパッチ適用手順 を参照のこと。

ここでは、datastore1というデータストアに、patchというディレクトリを作成し、その中にESXi550-201505002.zipというパッチをアップロードしたとして解説します。

適用手順

ESXiにsshで接続します。

パッチの中身を確認

以下の4種類が含まれていることが分かります。

  • ESXi-5.5.0-20150504001-no-tools
  • ESXi-5.5.0-20150501001s-standard
  • ESXi-5.5.0-20150501001s-no-tools
  • ESXi-5.5.0-20150504001-standard

適用が必要なのは、ESXi-5.5.0-20150504001-standardです。(sが付いていない方)

適用の試験

 適用

 再起動

Reboot Required:true と出力された場合は、ESXiサーバを再起動する。

その後、vSphereClientで接続して、ビルド番号が変わっていることを確認する。
esxi_patch_apply

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上

記事を読む

ESXiの設定をバックアップ・リストアする方法

ESXiの設定をバックアップ、リストアするコマンドです。 準備 コマンドを使うために、vCLIを

記事を読む

vSphereCLI Linux版のインストール方法

公式サイトからvSphere CLI (vCLI)のLINUX版をダウンロードします。 ※要ユーザ

記事を読む

VMwareの仮想アプライアンスのキーボード配列を日本語にする方法

VMware社の仮想アプライアンス(中身はSUSE Linux)で、キーボード配列がデフォルトでは英

記事を読む

ESXi 4.1, 5,0, 5.1, 5.5, 6.0 で仮想マシンやESXiホストと疎通は取れるが、ESXiホストがvCenterから切断状態となっている状態の復旧方法

各vSphereで、ESXi 4.1, 5,0, 5.1, 5.5, 6.0 で仮想マシンやESXi

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑