VMwareの仮想アプライアンスのキーボード配列を日本語にする方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 VMwareの技術メモ , ,

VMware社の仮想アプライアンス(中身はSUSE Linux)で、キーボード配列がデフォルトでは英字キーボードとなっているため、@などの記号がうまく入力できなくて困ります。ここでは日本語キーボード配列に直す方法を解説します。

スポンサーリンク

対象製品

中身がSUSE Linuxな以下の3製品

  • vCenter Server Appliance (vCSA)
  • vSphere Management Assistant (vMA)
  • vSphere with Operations Management (vSOM)

日本語配列への変更手順

対象の仮想アプライアンス製品に接続する

コンソールもしくはsshで接続する

yastコマンドを実行する

vMAはsudoをつける必要あり

 キーボード配列を変更する

Hardware > Keyboard Layout を選択し、Enter
yast_01

Japanese に変更し、[OK] を選択
yast_02

[Quit] を選択してyastメニューから抜ける

OSから抜ける

出来上がり

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

vSphere(ESXi)のセキュリティパッチのダウンロード方法

いつもURLが分からなくなるので、備忘録です。 ESXiのパッチのダウンロードURLはこちらです。

記事を読む

ESXi5.xのパスワード要件を簡単or厳しくする方法

ESXi5.0, 5.1, 5.5では、パスワードの要件が決められているので、簡単なパスワードを設定

記事を読む

OEMメディアで仮想マシンにWindowsをインストールする方法

VMware ESXi (vSphere)の仮想マシンに、HPやIBMのOEMメディアを使ってWin

記事を読む

vSphereCLI Linux版のインストール方法

公式サイトからvSphere CLI (vCLI)のLINUX版をダウンロードします。 ※要ユーザ登

記事を読む

ESXi5.xでUSB3.0を有効にする方法

ESXi5.5などで、USB3.0が有効にできない、使えない場合の対処法です。 原因 USB3.

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑