VMwareの仮想アプライアンスのキーボード配列を日本語にする方法

公開日: : VMwareの技術メモ , ,

VMware社の仮想アプライアンス(中身はSUSE Linux)で、キーボード配列がデフォルトでは英字キーボードとなっているため、@などの記号がうまく入力できなくて困ります。ここでは日本語キーボード配列に直す方法を解説します。

スポンサーリンク

対象製品

中身がSUSE Linuxな以下の3製品

  • vCenter Server Appliance (vCSA)
  • vSphere Management Assistant (vMA)
  • vSphere with Operations Management (vSOM)

日本語配列への変更手順

対象の仮想アプライアンス製品に接続する

コンソールもしくはsshで接続する

yastコマンドを実行する

vMAはsudoをつける必要あり

 キーボード配列を変更する

Hardware > Keyboard Layout を選択し、Enter
yast_01

Japanese に変更し、[OK] を選択
yast_02

[Quit] を選択してyastメニューから抜ける

OSから抜ける

出来上がり

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上

記事を読む

vSS 2014 お疲れ様でした

2014年11月18日 vSS2014が無事終わりました。 公式サイトはコチラね⇒http:/

記事を読む

ESXi5.xでUSB3.0を有効にする方法

ESXi5.5などで、USB3.0が有効にできない、使えない場合の対処法です。 原因 U

記事を読む

vSphere(ESXi)のパッチ適用手順

vSphere5.1や5.5など、ESXiへのパッチ適用方法です。 事前準備 パッ

記事を読む

vSphere(ESXi)のセキュリティパッチのダウンロード方法

いつもURLが分からなくなるので、備忘録です。 ESXiのパッチのダウンロードURLはこちらで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑