WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

公開日: : Windowsの技術メモ ,

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2 や 2008R2 をNTPサーバとして動作させる方法です。

スポンサーリンク

必要なレジストリ設定2箇所

権限のあるNTPサーバとして公開する

1は、NTPサーバとして公開する設定
4は、権限がある設定
足し算で、5にすることで、権限があるNTPサーバとして公開する設定。

権限がないと、他のサーバの状況次第でNTPサーバになったりならなかったりするので、5にしておくと確実。

announceflags

NTPサーバの有効設定

これを1にしないと、NTPサーバとして動作しないので、必ず1にすること。

ntpserver_enabled

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

ブートセクタ修復(ブートブロック修復)

デュアルブート環境バックアップ その1でOSが起動できなくなったので、障害対応です。 起動に失敗→

記事を読む

windows-logo

Windows XPの自動再生機能を無効化する方法

外付けHDDや外付けDVDドライブをPCに繋ぐと、自動再生のポップアップが出て、ガリガリ読むわけです

記事を読む

windows-logo

svchost が何をしてるか表示するコマンド

svchost.exe がCPUを占有している…Windowsを使用していると、よくあることです。

記事を読む

windows-logo

Error Code : 0x80004005 の対応方法

0x80004005でエラーになった時の対処法です。 2016年01月24日:Windows10の

記事を読む

windows-logo

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォル

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するために

Xperia Z3 Compact のバッテリーを交換する方法

私は Sony の Xperia Z3 Compact をとても気に入

東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R

結局Raspberry Pi 2 Model Bのケースを購入した

先日Raspberry Pi 2 Model Bのケースを自作してみま

→もっと見る

PAGE TOP ↑