XenApp6.5や7.5のクライアントドライブのマッピング方法をXenApp5.0と同じにする方法

公開日: : Citrixの技術メモ ,

XenApp6.xや7.xではXenApp5とクライアントドライブのマッピング方法が異なります。

XenApp6以降にリプレースしたが、アプリはリプレースしないため、今までどおりネットワークドライブとしてマッピングしてくれないとアプリが使えないということがあるかと思います。その場合に、XenApp6以降でも、XenApp5と同じマッピング方法(ネットワークドライブ)に変更する方法です。

スポンサーリンク

XenAppのマッピングされ方の違い

  • XenApp5.0:「ネットワークドライブ」としてマウントされる
  • XenApp6以降:「その他」としてマウントされる(ネットワークドライブではない)

対処法

全XenAppのAPサーバに以下のレジストリを設定を実施

レジストリキー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\UncLinks
エントリ名 :UNCEnabled
種類 :REG_DWORD
値のデータ :0

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

citrix-logo

CitrixReceiverインストールでエラーになる場合の対処法

Citrix Receiver や ICA Client のインストールなどでエラーになった場合の対

記事を読む

citrix-logo

XenAppでクライアントドライブをマッピングする際のドライブレター変更方法

XenApp5.xではデフォルトでVドライブから降順にネットワークドライブとしてマッピングされます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑