ドメインコントローラの調子が悪いときに打つコマンド

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 Windowsの技術メモ , , ,

ドメインコントローラにつながらない、何か変だ…というときに最初に打つコマンドを2つ紹介。

スポンサーリンク

  • C:\> dcdiag /e /v

ドメインコントローラの診断をします。

オプションの意味:

 /e    コマンドを実行したパソコンと同じフォレストにある全てのドメイン・コントローラを診断する。
/v    実行中の詳細な情報を出力する(Verboseモード)。

  • C:\> nltest /dsgetdc:ドメイン名 /force

ドメイン コントローラーを検出し、接続できるか確認します。

解決の糸口になれば幸いです。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

Windows XP の便利なショートカットキー一覧!!

Windowsにはたくさんのショートカットキーがあります。 簡単なものだと、下記のものがあります。

記事を読む

windows-logo

WindowsServer2008R2の固定ユーザプロファイル作成方法

WindowsVistaやWindowsServer2008以降では、規定のプロファイルが簡単にコピ

記事を読む

windows-logo

Windows Vista の便利なショートカットキー一覧!!

WindowsVistaにも当然ショートカットキーが大量にあります。 たとえば、Windows サ

記事を読む

windows-logo

ブートセクタ修復(ブートブロック修復)

デュアルブート環境バックアップ その1でOSが起動できなくなったので、障害対応です。 起動に失敗→

記事を読む

windows-logo

Windows XPの自動再生機能を無効化する方法

外付けHDDや外付けDVDドライブをPCに繋ぐと、自動再生のポップアップが出て、ガリガリ読むわけです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑