ドメインコントローラの調子が悪いときに打つコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , , ,

ドメインコントローラにつながらない、何か変だ…というときに最初に打つコマンドを2つ紹介。

スポンサーリンク

  • C:\> dcdiag /e /v

ドメインコントローラの診断をします。

オプションの意味:

 /e    コマンドを実行したパソコンと同じフォレストにある全てのドメイン・コントローラを診断する。
/v    実行中の詳細な情報を出力する(Verboseモード)。

  • C:\> nltest /dsgetdc:ドメイン名 /force

ドメイン コントローラーを検出し、接続できるか確認します。

解決の糸口になれば幸いです。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上でE

記事を読む

Windows8.1およびWindowsServer2012R2 Stop 0x7B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE 再起動ループ対処法

Windows8.1およびWindowsServer2012R2で、以下StopErrorが出て再起

記事を読む

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

Windowsのコードネーム一覧

「Windows7はコードネームがそのまま正式名称になった」というのは有名な話です。 ということで、

記事を読む

Windows7の電卓はスゴイ!!

Windows7の電卓はスゴイです。 関数電卓だけじゃなくて、プログラマ電卓が使えるそうです。 プロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑