ドメインコントローラの調子が悪いときに打つコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , , ,

ドメインコントローラにつながらない、何か変だ…というときに最初に打つコマンドを2つ紹介。

スポンサーリンク

  • C:\> dcdiag /e /v

ドメインコントローラの診断をします。

オプションの意味:

 /e    コマンドを実行したパソコンと同じフォレストにある全てのドメイン・コントローラを診断する。
/v    実行中の詳細な情報を出力する(Verboseモード)。

  • C:\> nltest /dsgetdc:ドメイン名 /force

ドメイン コントローラーを検出し、接続できるか確認します。

解決の糸口になれば幸いです。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

一目で分かるWindows7アップグレード早見表!!

通常版を買うよりもアップグレード版を購入した方が安いWindows7ですが、 条件が満たされないとせ

記事を読む

デュアルブート設定方法、シングルブートに戻す方法まとめ

デュアルブート設定に失敗してXPでしか起動できなくなったり、 やっぱりシングルブートに戻したくなった

記事を読む

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上でE

記事を読む

Windows7のシステム要件

Windows7のRC版 日本での一般公開が5月7日に決定したそうです。 (米国向けには5/5から、

記事を読む

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、 1.ファイルを右クリック 2.プロパティ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑