一目で分かるWindows7アップグレード早見表!!

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

通常版を買うよりもアップグレード版を購入した方が安いWindows7ですが、
条件が満たされないとせっかく購入しても上書きインストール
(データを残したままアップグレード)ができず、新規インストール
(データ消えちゃう)することになったりします。
というわけで、アップグレード早見表です。
win7_up.jpg
●: アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
△: 新規インストール(カスタム)のみ可能
※1 Windows Vista は、SP1 および SP2 適用済が対象
※2 32 ビット版から 64 ビット版、64 ビット版から 32 ビット版へは
必ず新規インストールとなる

※3 Windows Vista Home Basic、Home Premium から
Windows 7 Professionalへのアップグレードは
新規インストールとなる

上の表と補足では理解しにくい!!という人にさらに補足。
XPからWindows7へは新規インストールのみ。
32ビット版→64ビット版 や、64ビット版→32ビット版は新規インストールのみ。
個人向けエディション(Vista Home Premium、Home Basic)から
企業向けエディション(7 Professional)へは新規インストールのみ。

企業向けエディション(Vista Business)から
個人向けエディション(7 Home Premium)へは新規インストールのみ。

下位エディションへのアップグレードの場合(Vista Ultimateから
Windows7 Professionalなど)は新規インストールのみ。

購入の際はご注意を!
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。 仕事で

記事を読む

Windowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法

構築というと大げさですが、Windows7やWindows8、8.1の標準機能でpptp の VPN

記事を読む

WindowsUpdateが0x800736CCエラーで失敗するときの対処法

Windows Updateで800736CCエラーが出たときの対処法です。 Windows7や、

記事を読む

WindowsServer2008で拡張パーティションを作る技!

GUIでパーティションを作成しようとすると、3つ目のパーティションまでは プライマリパーティション。

記事を読む

WindowsServer2008R2の固定ユーザプロファイル作成方法

WindowsVistaやWindowsServer2008以降では、規定のプロファイルが簡単にコピ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑