一目で分かるWindows7アップグレード早見表!!

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

通常版を買うよりもアップグレード版を購入した方が安いWindows7ですが、
条件が満たされないとせっかく購入しても上書きインストール
(データを残したままアップグレード)ができず、新規インストール
(データ消えちゃう)することになったりします。
というわけで、アップグレード早見表です。
win7_up.jpg
●: アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
△: 新規インストール(カスタム)のみ可能
※1 Windows Vista は、SP1 および SP2 適用済が対象
※2 32 ビット版から 64 ビット版、64 ビット版から 32 ビット版へは
必ず新規インストールとなる

※3 Windows Vista Home Basic、Home Premium から
Windows 7 Professionalへのアップグレードは
新規インストールとなる

上の表と補足では理解しにくい!!という人にさらに補足。
XPからWindows7へは新規インストールのみ。
32ビット版→64ビット版 や、64ビット版→32ビット版は新規インストールのみ。
個人向けエディション(Vista Home Premium、Home Basic)から
企業向けエディション(7 Professional)へは新規インストールのみ。

企業向けエディション(Vista Business)から
個人向けエディション(7 Home Premium)へは新規インストールのみ。

下位エディションへのアップグレードの場合(Vista Ultimateから
Windows7 Professionalなど)は新規インストールのみ。

購入の際はご注意を!
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書き

記事を読む

Windows XPの自動再生機能を無効化する方法

外付けHDDや外付けDVDドライブをPCに繋ぐと、自動再生のポップアップが出て、ガリガリ読むわけです

記事を読む

WindowsServer2008で拡張パーティションを作る技!

GUIでパーティションを作成しようとすると、3つ目のパーティションまでは プライマリパーティション。

記事を読む

RAMDISKにブラウザのキャッシュを置いて高速化

私が今使っているノートPCはLet'noteR4でして、以下のようなスペックです。 OS : Win

記事を読む

5分で理解するWindows7 ホームグループ

WindowsのネットワークにはWorkGroupがありますが、 Windows7からはホームグルー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑