Windowsでプロセスを強制終了するコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでプロセスを強制終了したいときに使うコマンドです。
batファイル等で大活躍します。

スポンサーリンク

プロセスを終了するコマンド

taskkill

オプション

/im ・・・プロセス名を指定
/pid ・・・プロセスIDを指定
/f  ・・・強制終了

使用例

IE(Internet Explorer)を終了したい場合:
C:\> taskkill /im iexplore.exe /f

プロセスID(1234)を終了したい場合:
C:\> taskkill /pid 1234 /f

プロセス一覧を見るコマンド

tasklist

一覧が出ます。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsServer2008R2の固定ユーザプロファイル作成方法

WindowsVistaやWindowsServer2008以降では、規定のプロファイルが簡単にコピ

記事を読む

Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書き

記事を読む

Windows7およびWindowsServer2008R2でNIC/システムボード交換後の 0x0000007B Stop error 対処法

概要 NICやシステムボードを交換後にブルースクリーン(BSOD)で以下のように表示される場合の対処

記事を読む

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

Microsoftが19年間存在していたバグに対するパッチを公開

先日公開された、以下のWindowsのセキュリティパッチについてです。 マイクロソフト セキュ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

Error Code : 0x800f0988 の対応方法

0x800f0988でエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑