IT用語に強い翻訳サイトはどれ?

公開日: : 最終更新日:2016/02/04 雑記

IT関係の調べものをしていると、英語の参考資料しか存在しなかったりします。
そして仕方なく翻訳サイトに頼ると、IT用語が変な日本語に訳されてしまう…
なんてことがよくあります。

今回は各翻訳サイトで、IT用語を含む簡単な例文を翻訳してみて、どの翻訳サイトが
”比較的”IT用語を含む翻訳に強いのか検証、考察してみたいと思います。
今回の検証に使った翻訳サイトは以下の7つ。

検証翻訳サイト一覧

  • Yahoo翻訳
  • OCN翻訳
  • Google翻訳
  • So-net翻訳
  • livedoor翻訳
  • @nifty翻訳
  • excite翻訳

今回翻訳してみる例文

I mount the /dev/dsk/c0t0d0s0 to /mnt directory.
I check the /var/adm/messages file.

期待する翻訳

私は /dev/dsk/c0t0d0s0 を /mnt にマウントします。
私は /var/adm/messages ファイルを確認します。

さて、早速検証開始です。(2009年5月5日現在の検証結果です)

スポンサーリンク

Yahoo翻訳による翻訳結果

馬/ディベロッパー/dsk/c0t0d0s0がそうするi/mnt.
私はチェックします/バール/adm/メッセージファイル。

考察

/dev をディベロッパー、 /var を バール と訳しちゃってます。
各単語を忠実に訳す翻訳エンジンのようです。
mountは乗馬のイメージなのですかね?
/が入っているせいか、文法がおかしくなっています。
IT用語の翻訳が苦手のようです。

OCN翻訳による翻訳結果

私は、/dev/dsk/c0t0d0s0から/mntまで登ります。
私は、/バール/adm/メッセージファイルをチェックします。

考察

/mount を登る、 /var を バール と訳しちゃってます。
こちらも各単語を忠実に訳す翻訳エンジンのようです。
何とか理解はできますが、ちょっとIT用語を含む文の翻訳が苦手のようです。

Google翻訳による翻訳結果

私のマウントは、 / dev/dsk/c0t0d0s0のを/ mntしてください。
のI /のADM /メッセージは、 / varをチェックします。

考察

文法がおかしくなっています。
意味が分からないので、IT用語を含む翻訳に使うのは難しいですね。

So-net翻訳による翻訳結果

私は増えます/ディベロッパ/dsk/c0t0d0s0/mntディレクトリ。
私はチェックします/バール/adm/メッセージファイル。

考察

文法に沿って分かる単語を訳した。という感じですね。
しかし、「増えます」って何を訳したんでしょうか?
IT用語を含む翻訳に使うのは難しそうです。

livedoor翻訳による翻訳結果

Iは、/mntへの/dev/dsk/c0t0d0s0をマウントします。
Iは/var/adm/メッセージ・ファイルをチェックします。

考察

mountをマウントと訳してくれています。IT用語と認識しているようです。
/dev/dsk/c0t0d0s0 を一塊として認識しています。
/var/adm/messages を一塊として認識してくれなかったのは残念です。
しかし、I を私と訳してくれてないですね。
IT用語を含む翻訳に結構使えそうです。

@nifty翻訳による翻訳結果

私は/mntに/dev/dsk/c0t0d0s0を取り付けます。
私は/var/adm/messagesファイルをチェックします。

考察

mountを取り付けると訳してくれました。
マウントとカタカナ表記にするよりも丁寧ですね。
文法も完璧。
/dev/dsk/c0t0d0s0 も /var/adm/messages も一塊として認識しています。
IT用語を含む翻訳が得意のようですね。すばらしいです。

excite翻訳による翻訳結果

私は/mntに/dev/dsk/c0t0d0s0を取り付けます。
私は/var/adm/messagesファイルをチェックします。

考察

@niftyの翻訳とまったく同じ結果です。
もしかして同じ翻訳エンジンなのかもしれません。
IT用語を含む翻訳が得意のようですね。

 どうしてもうまく翻訳できない場合

やはり、どうしても機械翻訳では上手く訳せないということがあると思います。そんな時は悔しいですが、プロに依頼してみるしかないです。
しかし、「具体的にはいくらぐらいかかるの?」「でも高いのでは?」という不安があるのが正直なところです。
そんな時に便利なのが、翻訳代行 一括.jpという、プロによる翻訳の見積もりを一括請求できるサイトです。とりあえず見積もり請求してみて、予算に合った業者があれば、翻訳を依頼するという形にするのが良いかと思います。
予算オーバーの場合は翻訳依頼をしなければいいだけですので、まずは無料で翻訳代行 一括.jpで一括問合せしてみるのが良いです。

最後に

今回、IT用語が得意ではないサイトがいくつかでてきましたが、
どの翻訳サイトにも得手不得手があります。
たまたまIT用語が得意でなかっただけだったりします。
自分の要望に適した翻訳サイトを見つけて、使い分けたいですね。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

no image

「断りたい依頼を綺麗に断る」メール

Noと言えない日本人。 断るのが苦手な日本人は、断りのメールも苦手かも。 ともかく、私は断るのが苦手

記事を読む

引越し完了

ドメインを取得しました

ドメインを取得し、引っ越してきました。 リンクいただくときは、以下のどちらでも構いません。(リ

記事を読む

vSphere(ESXi)のセキュリティパッチのダウンロード方法

いつもURLが分からなくなるので、備忘録です。 ESXiのパッチのダウンロードURLはこちらで

記事を読む

no image

新入社員の特徴を現すキーワード2009

2009年は 「エコバッグ型」に決まったそうです。 環境問題や社会貢献に関心が高い一方で、総じてお

記事を読む

no image

excite翻訳がアップデート

2月17日に我らの味方excite翻訳がバージョンアップしてました。 http://www.exci

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑