Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。
仕事で設定書を作成するときに役立ちます。

スポンサーリンク

1.コマンドプロンプトを起動
2.driverquery コマンドを実行
/V オプションを付けると詳細が表示される。
/SI オプションを付けるとドライバのデジタル署名情報が表示される。
なお、/? オプションを付ければヘルプを見ることができますので、ほかのオプションについては調べてみてください。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

5分で理解するWindows7 ホームグループ

WindowsのネットワークにはWorkGroupがありますが、 Windows7からはホームグルー

記事を読む

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (WindowsがN

記事を読む

スクロールバーの指定位置まで瞬時に移動する技

言葉で説明するの難しいですが、 縦に長いWebサイト見てるときとか、右にスクロールバーが出るじゃない

記事を読む

explorerが毎回新しいウインドウで開くようになりました…

IE8を入れると、何故かexplorerが毎回新しいウインドウで開くようになる というトラブルが発生

記事を読む

Windows8 でコマンドプロンプトを管理者として実行する方法

Windows8でコマンドプロンプトを管理者として開くにはどうすればいいんだ!? どこにあるんだ!?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑