Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。
仕事で設定書を作成するときに役立ちます。

スポンサーリンク

1.コマンドプロンプトを起動
2.driverquery コマンドを実行
/V オプションを付けると詳細が表示される。
/SI オプションを付けるとドライバのデジタル署名情報が表示される。
なお、/? オプションを付ければヘルプを見ることができますので、ほかのオプションについては調べてみてください。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windowsでsftpサーバ

どうしてもWindowsでSFTP Serverをたてないといけない時ってあると思います。 …無いか

記事を読む

Windows Vista/7のエクスプローラに[上へ]ボタンを付け加える!

Windows VistaやWindows7のエクスプローラを操作するときに、 「上へ」ボタンが欲し

記事を読む

Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書き

記事を読む

知っててもあまり得しないWindowsのDOSコマンド

知っててもあまり使う機会がないDOSコマンドを3つ紹介。 Windowsのバージョンを表示するコマン

記事を読む

Windowsのコードネーム一覧

「Windows7はコードネームがそのまま正式名称になった」というのは有名な話です。 ということで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑