Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。
仕事で設定書を作成するときに役立ちます。

スポンサーリンク

1.コマンドプロンプトを起動
2.driverquery コマンドを実行
/V オプションを付けると詳細が表示される。
/SI オプションを付けるとドライバのデジタル署名情報が表示される。
なお、/? オプションを付ければヘルプを見ることができますので、ほかのオプションについては調べてみてください。

AD

関連記事

Windowsのコードネーム一覧

「Windows7はコードネームがそのまま正式名称になった」というのは有名な話です。 ということで、

記事を読む

Windows10 を試してみよう

Windows8.1の次はWindows10 。 「Windows8.1から大きな飛躍を遂げたとい

記事を読む

デュアルブート設定方法、シングルブートに戻す方法まとめ

デュアルブート設定に失敗してXPでしか起動できなくなったり、 やっぱりシングルブートに戻したくなった

記事を読む

Windowsでプロセスを強制終了するコマンド

Windowsでプロセスを強制終了したいときに使うコマンドです。 batファイル等で大活躍します。

記事を読む

WindowsOS側でUSBメモリを使用禁止にする方法

BIOSでUSBポートを無効化すればUSBメモリは使えませんが、 USBポートを無効にすれば、USB

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑