Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。
仕事で設定書を作成するときに役立ちます。

スポンサーリンク

1.コマンドプロンプトを起動
2.driverquery コマンドを実行
/V オプションを付けると詳細が表示される。
/SI オプションを付けるとドライバのデジタル署名情報が表示される。
なお、/? オプションを付ければヘルプを見ることができますので、ほかのオプションについては調べてみてください。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。 そうするとNI

記事を読む

WindowsServer2008で拡張パーティションを作る技!

GUIでパーティションを作成しようとすると、3つ目のパーティションまでは プライマリパーティション。

記事を読む

フォルダ内のファイルを再帰的にリネームするバッチファイルの書き方

例として、特定フォルダ配下の、拡張子が"log"のファイルを"txt"に変更したい場合。 要はこのよ

記事を読む

WindowsUpdateが0x80070422エラーで失敗するときの対処法

コード80070422 Windows Update で不明なエラーが発生しました。 というエラー

記事を読む

WindowsUpdateが0x80070490エラーで失敗するときの対処法

Windows Updateで80070490エラーが出たときの対処法です。 Windows7や、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑