Windowsでシステムファイルの整合性をスキャンするコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでシステムファイルの整合性をスキャンするコマンドです。
間違ったバージョンを正しいMicrosoftバージョンに置換してくれます。

スポンサーリンク

1.コマンドプロンプトを起動(管理者権限で起動)
2.「 sfc 」コマンドを実行
sfc /SCANNOW と打つことが多いと思います。
詳細なオプションについては
/? オプションを付けて実行することで確認でき、以下のように表示されます。
> sfc /?
———————————————
すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンして、間違ったバージョンを正しい Microsoft バージョンに置換します。
SFC [/SCANNOW] [/VERIFYONLY] [/SCANFILE=<ファイル>] [/VERIFYFILE=<ファイル>]
[/OFFWINDIR=<オフライン Windows ディレクトリ> /OFFBOOTDIR=<オフライン起動ディレクトリ>]
/SCANNOW すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンして、
可能な場合には問題のあるファイルを修復します。
/VERIFYONLY すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンします。
修復操作は実行されません。
/SCANFILE 参照されたファイルの整合性をスキャンして、問題が識別された
場合はファイルを修復します。完全パス <ファイル> を指定します
/VERIFYFILE <ファイル> で指定された完全パスを持つファイルの整合性を確認
します。修復操作は実行されません。
/OFFBOOTDIR オフライン修復の場合は、オフライン起動ディレクトリの場所を
指定します。
/OFFWINDIR オフライン修復の場合は、オフライン Windows ディレクトリの場所を
指定します。
e.g.
sfc /SCANNOW
sfc /VERIFYFILE=c:\windows\system32\kernel32.dll
sfc /SCANFILE=d:\windows\system32\kernel32.dll /OFFBOOTDIR=d:\ /OFFWINDR=d:\windows
sfc /VERIFYONLY
———————————————
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windows7のログオン時に Ctrl + Alt + Del 入力を強制する方法

Windows7でログオン時に Ctrl+Alt+Del キー入力を強制させる方法です。 (XP ,

記事を読む

Error Code : 0x80004005 の対応方法

0x80004005でエラーになった時の対処法です。 2016年01月24日:Windows10の情

記事を読む

Windows10でsshサーバを構築してみた

Windows10では、TelnetServerが無くなっています。そのため、TeraTerm等でロ

記事を読む

Windows Vista/7のエクスプローラに[上へ]ボタンを付け加える!

Windows VistaやWindows7のエクスプローラを操作するときに、 「上へ」ボタンが欲し

記事を読む

XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑