Windowsでシステムファイルの整合性をスキャンするコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsでシステムファイルの整合性をスキャンするコマンドです。
間違ったバージョンを正しいMicrosoftバージョンに置換してくれます。

スポンサーリンク

1.コマンドプロンプトを起動(管理者権限で起動)
2.「 sfc 」コマンドを実行
sfc /SCANNOW と打つことが多いと思います。
詳細なオプションについては
/? オプションを付けて実行することで確認でき、以下のように表示されます。
> sfc /?
———————————————
すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンして、間違ったバージョンを正しい Microsoft バージョンに置換します。
SFC [/SCANNOW] [/VERIFYONLY] [/SCANFILE=<ファイル>] [/VERIFYFILE=<ファイル>]
[/OFFWINDIR=<オフライン Windows ディレクトリ> /OFFBOOTDIR=<オフライン起動ディレクトリ>]
/SCANNOW すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンして、
可能な場合には問題のあるファイルを修復します。
/VERIFYONLY すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンします。
修復操作は実行されません。
/SCANFILE 参照されたファイルの整合性をスキャンして、問題が識別された
場合はファイルを修復します。完全パス <ファイル> を指定します
/VERIFYFILE <ファイル> で指定された完全パスを持つファイルの整合性を確認
します。修復操作は実行されません。
/OFFBOOTDIR オフライン修復の場合は、オフライン起動ディレクトリの場所を
指定します。
/OFFWINDIR オフライン修復の場合は、オフライン Windows ディレクトリの場所を
指定します。
e.g.
sfc /SCANNOW
sfc /VERIFYFILE=c:\windows\system32\kernel32.dll
sfc /SCANFILE=d:\windows\system32\kernel32.dll /OFFBOOTDIR=d:\ /OFFWINDR=d:\windows
sfc /VERIFYONLY
———————————————
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windows7およびWindowsServer2008R2でNIC/システムボード交換後の 0x0000007B Stop error 対処法

概要 NICやシステムボードを交換後にブルースクリーン(BSOD)で以下のように表示される場合の対処

記事を読む

Windows7のログオン時に Ctrl + Alt + Del 入力を強制する方法

Windows7でログオン時に Ctrl+Alt+Del キー入力を強制させる方法です。 (XP ,

記事を読む

ブートセクタ修復(ブートブロック修復)

デュアルブート環境バックアップ その1でOSが起動できなくなったので、障害対応です。 起動に失敗→M

記事を読む

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

Windowsをルータにする方法

急にルータが必要になったりすることがあります。 しかし手元にルータが無い。Windowsならある。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

Error Code : 0x800f0988 の対応方法

0x800f0988でエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑