Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , , ,

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書きましたが、今回はクライアント側についての記事です。

 

Windows7、Windows8,8.1などのWindowsには標準でVPN Clientの機能が実装されています。

使用できるプロトコル

  • PPTP
  • L2TP/IPsec
  • SSTP
  • IKEv2

スポンサーリンク

設定手順

1)コントロールパネルなどから、「ネットワークと共有センター」を開きます。画面中央少し下の「ネットワーク設定の変更」欄の「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリック。

pptp-client01

 2)「職場に接続します」を選択し、「次へ」をクリック。

pptp-client02

 3)「インターネット接続(VPN)を使用します」を選択。

pptp-client03

 4)「インターネットアドレス」欄に接続先の IPアドレス や ホスト名 を入力、「接続先の名前」欄は好きな名前(会社のVPNだったら会社VPNとか)を入力して「作成」をクリック。

pptp-client04

 5)先ほど入力した好きな名前のVPN接続ができていることを確認。

pptp-client05

 6)接続プロトコルなどを設定するために、右クリック>プロパティ。

pptp-client06

 7)「セキュリティ」タブの「VPNの種類」欄で接続プロトコルを選択。他の設定煮については、サーバ側担当者に指示された設定をどうぞ。(Windowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事のとおりにサーバ側を設定している場合は、PPTPを選択)

pptp-client07

 8)接続するときは、右クリックして、「接続/切断」をクリック。

pptp-client06

 9)Windows8, 8.1だとこんな画面になるので、「接続」をクリック。あとはWindows7も、Windows8, 8.1も、ユーザ名とパスワードを入力して接続するだけ。

pptp-client08

以上

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。 仕事で

記事を読む

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、 1.ファイルを右クリック 2.プロパティ

記事を読む

svchost が何をしてるか表示するコマンド

svchost.exe がCPUを占有している…Windowsを使用していると、よくあることです。

記事を読む

スクロールバーの指定位置まで瞬時に移動する技

言葉で説明するの難しいですが、 縦に長いWebサイト見てるときとか、右にスクロールバーが出るじゃない

記事を読む

PowerShellでレジストリを設定する方法

PowerShellでレジストリ値の変更や追加を行う方法です。 まず、例として、デスクトップ上にW

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑