RAMDISKにブラウザのキャッシュを置いて高速化

公開日: : Windowsの技術メモ

私が今使っているノートPCはLet’noteR4でして、以下のようなスペックです。
OS : WindowsXP professional sp3
CPU : PentiumM 1.2GHz
HDD : 60GB
メモリ : 1GB(512MB増設済み)
Core2Quad搭載のメインPCを使い慣れると、上記ノートPCのスペックではストレスを感じます。
メールとネットぐらいしかしない…とはいえ、やはりストレスを感じるわけで…。
RAMDISKを導入し、IEやFirefoxのキャッシュをRAMDISKに配置して、ブラウジングの高速化を試みました。
導入した感想としては、「あーちょっと速くなったなぁ~」という程度ですが、導入しないよりは、して良かったと思いました。
ということで、以下導入手順。

スポンサーリンク

やることその1:1Gのメモリのうち128MBを使ってRAMDISK(Zドライブ)を作る
やることその2:IEとFirefoxのキャッシュをRAMDISKに配置する
1.RAMDISKのソフトウェアをDL
ERAM v2.20
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/
(ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ  をDL)
・DL出来たら解凍。
2.ドライバのインストール
・「コントロールパネル」を開く
・「ハードウェアの追加」を開くく「次へ」
・「はい、ハードウェアを接続しています」「次へ」
・「新しいハードウェアデバイスの追加」「次へ」
・「一覧から選択したハードウェアをインストールする」「次へ」
・「すべてのデバイスを表示」「次へ」
・「ディスク使用」
・「参照」をクリック。解凍したフォルダの内の「2000」フォルダを選択
・「開く」>「OK」>「次へ」>「次へ」>「完了」
・OSを再起動。
3.RAMDISKの初期設定
・「コントロールパネル」を開く
・「ERAM」を開く
・以下の設定にする
ドライブ文字:Z
ルートのエントリ数:128
アロケーションユニット:1 (IE のキャッシュは小さいファイルが多いと思うので1にしてみました)
メディアID:F8
ディスクサイズ:128000 (128*1024を書いたほうが良いかも)
メモリ確保先:OS管理外領域
OS管理外領域:「メモリ上限を検出」”だけ”チェック
実デバイス扱い:チェック無し
TEMPディレクトリ作成:チェック無し
★「実デバイス扱い」にチェックを入れると「スタンバイ」が使えなくなるという情報がありました。
(「OSへ通知」のチェックを外せば大丈夫らしいですが…)
ramdisk設定
4.システムの復元が利用できなくなる問題の対策
(Windows XP で [ERAM] を利用すると「システムの復元」が利用できなくなるらしいので、その対策)
・「システムプロパティ」に移動「システムの復元タブ」をクリック「すべてのドライブでシステムの復元を無効にする」にチェックを入れる(現在の復元ポイントが全部削除される)
・「C:\WINDOWS\system32\Restore\」 に移動
・「filelist.xml」をコピーして別名で残しておく(バックアップを取っておく)
・「filelist.xml」のプロパティで、読み取り専用のチェックを外す
・<PCHealthProtect>
<DIRECTORIES>
<Exclude>
と書いてあるところを探し、
<REC>Z:\</REC>
を追記(↑今回はZドライブなのでZ)
・保存。読み取り専用に戻す。
・「システムプロパティ」を開く「システムの復元」タブをクリック「すべてのドライブでシステムの復元を無効にする」のチェックを外す
5. boot.ini の編集
(「メモリ確保先」で、[OS管理外領域」 を選択したので、OSに認識させるメモリ容量を減らす必要がある)
・「システムのプロパティ」を開く「詳細設定」タブをクリック「起動と回復」の[設定]をクリック「起動システム」の[編集]をクリックしてで、BOOT.INIを編集
具体的には、multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)とか書いてある行をコピーして、 [/MAXMEM=888]というオプションを追加する。
(全メモリ-VRAM-RAMDISK だそうなので、
とりあえず 1024M-8M-128M = 888 としてみた。)
設定した数字が大きすぎると、イベントビューア(システム)にこんな警告が出ます。
———————————
イベントの種類: 警告
イベント ソース: Eram
イベント ID: 6
説明:
OS管理外メモリが少ないのでRAMディスクは縮小されました.
———————————
↓実際の設定はこんな感じ↓
—————————
[boot loader]
timeout=0
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS=”Microsoft Windows XP Professional (RAMDISK)” /noexecute=optin /MAXMEM=888 /fastdetect
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS=”Microsoft Windows XP Professional” /noexecute=optin /fastdetect
—————————
・ /MAXMEMを設定した設定を「既定のオペレーティングシステム」として選択する
6.ERAMは起動時にFATで初期化されるので、FATドライバを組み込んでおく。
以下コマンドを実行
—————————
RUNDLL32 ERAMNT.CPL,StartupFastfat 1
—————————
再起動したら128M弱のRAMDISKが出来上がり。
あとは、インターネットオプションで、
ieoption.jpg
一時ファイルのフォルダをRAMDISK(Zドライブ)に設定。
Firefoxのキャッシュフォルダの変更は、
アドレス欄に about:config と入力して、Enter
右クリック、新規作成>文字列
設定名に browser.cache.disk.parent_directory を入力
値に Z:\ を入力
閉じる。
cache.jpg
こんな感じになります。
以上です。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windows7の電卓はスゴイ!!

Windows7の電卓はスゴイです。 関数電卓だけじゃなくて、プログラマ電卓が使えるそうです。 プロ

記事を読む

Windows7、WindowsServer2008R2で DHCP Client サービスが自動起動する問題の対処

DHCP Clientサービスを起動しているつもりはないのに、何故か自動起動するようになっていました

記事を読む

Windows Messengerを削除する方法

久々にPCを再セットアップしたので、思い出しついでのメモです。 最近はWindowsLiveMess

記事を読む

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、 1.ファイルを右クリック 2.プロパティ

記事を読む

Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑