Raspberry Pi 2 Model Bでミュージックサーバを構築してみた

公開日: : 最終更新日:2016/03/27 Raspberry Piの技術メモ

Raspberry Pi 2 Model B を使って、高音質で低消費電力な静音ミュージックサーバを構築したいと思います。
(Raspberry Pi 3 でも同様です)
使用するOSは、Raspbian jessieです。

要件

まず、私が求めるミュージックサーバの要件を考えてみます。

  • 高音質
  • 簡単
  • 音楽データをたくさん保存できる
  • 安価
  • 低消費電力
  • 静音

要件対応

各要件に対してどうやって対応するかを考えてみます。

高音質

Raspberry Pi 2 Model Bに光デジタル出力(S/PDIF)を取り付け、光デジタル入力(S/PDIF)を搭載しているアンプおよびスピーカーに接続します。
光デジタルでデータのやり取りをするので、高音質です。

簡単

Paspberry Pi 2 Model B に光デジタル出力(S/PDIF)は、USBタイプのものを選びます。(Raspberry Piに増設する基盤タイプとは違い、USBに挿すだけなので簡単)

音楽データを沢山保存できる

音楽データ格納用のストレージは、容量の大きいUSBメモリを選びます。

安価

USBタイプの光デジタル出力(S/PDIF)は量販されているので安いです。
USBメモリはコストパフォーマンスが一番良いものを選びます。
アンプおよびスピーカーは家にあるものを使います。

低消費電力

Raspberry Piなので、基本的に低消費電力です。
Raspberry PiのUSBバスパワーで電力を補えるぐらい低消費電力な光デジタル出力(S/PDIF)を選びます。
Raspberry PiのUSBバスパワーで電力を補えるぐらい低消費電力なUSBメモリを選びます。

静音

Raspberry Piなので、静音です。
音楽データ保存用のストレージはHDDではなく無音なUSBメモリを選びます。

準備した機材

結果として、以下のものを用意しました。

Raspberry Pi 2 Model B

これがないと始まらないです。OSは、Raspbian jessieです。

光デジタル出力(S/PDIF)

ベリンガー BEHRINGER UCA202(UCA222)を用意しました。
参考記事:USBで光デジタル出力を追加できるBEHRINGER UCA202 を買ってみた

USBメモリ

SanDisk UltraFit 128GBを用意しました。
参考記事1:USBメモリ(SanDisk Ultra Fit 128GB)を購入してみた
参考記事2:SanDisk Ultra Fit 128GB 4個でRAID5を構築してみた

ホームシアターシステム

光デジタル入力(S/PDIF)を搭載しているYAMAHAの5.1chホームシアターシステム TSS-15 (TSS-20)を用意しました。
コストパフォーマンスのとても良いスピーカーです。
参考記事:ヤマハ ホームシアターシステムTSS-15買ってみた。

さて、必要な材料が揃いましたので、引き続き構築に入ります。

スポンサーリンク

ミュージックサーバの構築

必要パッケージのインストール

Raspbian jessie に、ミュージックサーバ構築に必要なパッケージ(ミュージックサーバのデーモンとクライアント)をインストールします。

サービスの管理に便利なchkconfigコマンドをインストールしていない場合は、入れておきます。

MPDの設定

Music Player Daemon(ミュージックプレーヤサーバ)の設定をします。

最低限必要な設定を実施します。

1.音楽データ保存ディレクトリ設定
/usbmemというディレクトリにusbメモリをマウントしてusbメモリ内にmusicというディレクトリに音楽データを格納する場合の例です。

変更前

変更後

2.プレイリスト保存ディレクトリ設定
/usbmemというディレクトリにusbメモリをマウントしてusbメモリ内にplaylistsというディレクトリにプレイリストを格納する場合の例です。

変更前

変更後

3.起動時にうまくホストとIPアドレスがbindできずにエラーが出ることがあるらしいので、回避設定

変更前

変更後

4.音楽データ追加時の、データベース自動更新設定

変更前

変更後

最低限、紹介した4箇所の設定をすれば動きます。

自動起動設定

Raspbian jessieの起動時にMPDが自動起動するように設定します。

USB光デジタル入力(S/PDIF)の接続

Raspberry Pi にベリンガー BEHRINGER UCA202を接続します。
Raspbian jessieの起動時にきちんと認識させるのが一番良いので、再起動しておきましょう。

もしくは、Raspberry PiにベリンガーBEHRINGER UCA202を接続してからRaspberry Piの電源を入れてください。

音声出力先の変更

デフォルトでは、Raspberry Piのオンボードの端子 bcm2835 から音声が出力されるため、ベリンガー BEHRINGER UCA202のS/PDIF出力から出力されるように変更します。

設定の確認

認識されているサウンドカードを確認します。

ベリンガーBEHRINGER UCA202のデバイス番号が1として認識されています。

デフォルトで使用するデバイスの変更

ベリンガーBEHRINGER UCA202のデバイス番号が1と分かったので、デフォルトの音声出力を1番に設定します。

変更前

変更後

再起動して反映します。

音量設定

私の場合、スピーカー側で音量を調節しますので、Raspberry Pi側では常に音量100%に設定します。

設定

確認

MPD の再起動

念のために再起動しておきます。

ステータスを確認してみます。

音楽ファイルの追加

mp3やflac等の音楽データをMPDで使用するディレクトリに入れます。
sambaでファイルサーバとして公開しておくと、Windows等からファイル操作できるのでオススメです。
参考記事:Raspberry Pi 2 Model Bでファイルサーバを構築してみた

クライアントから操作する

AndroidやiPhone等の、MPDクライアントアプリを使い、MPDを操作します。
私はMPDroidというアプリを選定しました。

再生してみて、スピーカーから音が出れば成功です。

MPDroidでのカバーアート表示

MPDクライアントアプリで、カバーアート(ジャケット)の画像を表示したい場合は、引き続き以下の設定が必要です。

webサーバのインストール

apache2をインストールします。

音楽データを格納しているディレクトリへのシンボリックリンクを作成

/usbmem/music に音楽データを格納している例です。

Raspbian jessie起動時に、自動でwebサーバが起動するようにします。

apache2を再起動します。

カバーアート画像格納ルールについて

音楽データのカバーアート(ジャケット)を表示したい単位(アルバム毎とか)でフォルダ分けして、フォルダ内に”folder.jpg”という名前でジャケットの画像を入れればOKです。
後は、MPDクライアント側で、ローカルの画像を表示する設定を入れればOKです。

MPDroid具体的には以下3つの設定をしてください。

  1. Download local coverart
  2. Path to music
  3. Cover filename

画像で説明すると、以下赤枠で囲っている部分です。

coverart-config-01

Path to music 設定で、http://`RaspberryPiのIPアドレス`/music を指定。

coverart-config-02

Cover filename 設定で、folder.jpg を指定。

coverart-config-03

設定が終われば、こんな感じでカバーアートが表示されます。

coverart

now-playing

最後に

ミュージックサーバにすると、すぐにストレージ容量が足りなくなりますね。
HDDでも良いですが、静音かつ低消費電力というのが理想なので、SSDでしょうか。
音楽データを扱う場合、一度書き込んだらなかなか書き換えは行わないと思いますので、「単価が安いが書き換えに弱い」といわれているTLCモデルを選択するのがコスト的に良さそうですね。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Raspbian(jessie)の固定IPアドレス設定方法

Raspberry Pi 2 Model B にインストールしたRaspbian jessieの固定

記事を読む

Raspberry Pi 2 Model B用にUSBメモリ(SanDisk Ultra Fit 128GB)を購入してみた

Raspberry Pi 2 Model B 用に最適そうなUSBメモリを購入してみました。

記事を読む

Raspberry Pi 2 Model B に Raspbian(jessie)をインストールする

本記事は、Raspberry Pi 3に対応しています。 Raspberry Pi 2 Mod

記事を読む

Raspbian(jessie)の初期設定と日本語化を実施する

本記事は、Raspberry Pi 3に対応しています。 さて先日はRaspberry Pi

記事を読む

Raspberry Pi 2 Model B で L2TP/IPSec VPNサーバを構築してみた(その3)

本記事は、Raspberry Pi 3に対応しています。 さて、 Raspberry Pi

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォル

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するために

Xperia Z3 Compact のバッテリーを交換する方法

私は Sony の Xperia Z3 Compact をとても気に入

東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R

結局Raspberry Pi 2 Model Bのケースを購入した

先日Raspberry Pi 2 Model Bのケースを自作してみま

→もっと見る

PAGE TOP ↑