モニタアームを買ってみた

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 買ってみた

作業机上の作業スペース確保と見た目向上のために、モニタアームを導入しました。

支柱取付け液晶モニタアーム CR-LA352

24インチのBENQのモニタと作業机に取り付けるとこんな感じ。

monitor_arm01

 

近づいてみるとこんな感じ。
monitor_arm02

スポンサーリンク

取り付け部分のアップ。
monitor_arm03

 

稼動部分は結構多い。
monitor_arm04

 

ケーブルはモニタアームに這わせることができる。
monitor_arm05

 

モニタを机に置かなくなるので、空中に浮いたみたい。
monitor_arm06

 

MacBookAir13インチと並べるとこんな感じ。
monitor_arm07

 

モニタを回転させたり傾けたりできるので、縦にすることもできる。
monitor_arm08

 

仕様
monitorarm-siyou

 

特徴(Amazonから抜粋)

  • 直径25~40mmの丸パイプや25×25~30×30mmの角パイプに取り付け可能なモニターアーム
  • VESA規格に準拠し、75×75mmおよび100×100mmの取り付け穴を有する液晶ディスプレイがマウントできる
  • 水平多関節タイプで、モニタの向きを任意の方向へ向けることができる
  • アーム下にはケーブルクリップ付き
  • ディスプレイ部は360°回転するので、水平方向に取り付けられたパイプにも設置できる。
  • 耐荷重は8kg

 

 

導入してみた感想としては、作業机がかなりスッキリしたのと、なんか格好良くなったような気がするので、買って正解でした。
私が使っているモニタは製造終了しているので、次買うとしたらAcerのV236HLCwmdっていうモニタかなぁ。
今後の展開としては、モニタアームを使ってのデュアルディスプレイ環境も捨てがたいですね…。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Xperia Z3 Compact の背面パネルを交換・修理する方法

Sony の Xperia Z3 の背面パネルはガラスなので、落としたりすると割れます。 そして修

記事を読む

CeleronG1840でサブPCを組んでみた。

自宅のサブPCが古くなってきたので、Celeron G1840 で組みなおしました。 もちろん

記事を読む

東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R35を愛用しています。 消費

記事を読む

iRing-logo

iRingを貰いました

vSS2014のDiS社のノベルティでiRingというものを貰いました。 置いておいても仕方な

記事を読む

Sony Walkman A846を買ってみた。

ものすごく今更ですが、数年前にWaklmanのA846に買い換えました。 何故買い換えたかというと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑