Microsoftが19年間存在していたバグに対するパッチを公開

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ, 最新技術 , ,

先日公開された、以下のWindowsのセキュリティパッチについてです。

スポンサーリンク

マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-064 – 緊急
Windows OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3011443)

https://technet.microsoft.com/library/security/MS14-064#ID0EUYAE

 

「影響を受けるソフトウェア」欄が、現時点でサポートしているWindowsOS全部じゃないか…と思っていたら、Windows95の時代から、19年間存在していたセキュリティホールだったようです…。

ITmediaさんの記事「Windows「緊急」の脆弱性、Windows 95から19年間存在していた」 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/13/news134.html

 

なんだか今年は凄いセキュリティホールが沢山見つかる年な気がします。

  • Heartbleed(OpenSSLのバグ)
  • ShellShock(GMU Bashのバグ)
  • BadUSB(USBデバイスのファームを書き換えられちゃう)
  • Windows OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される (コレ)

まだあるかな?

とにかく不具合が見つからないまま放置されるのは嫌ですが、見つかって修正されるのは良いことです。

セキュリティパッチの適用はお早めに。

以上

 

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

InternetExplorer8の ようこそ 画面を非表示にする方法

IE8初回起動時の「Internet Explorer 8 へようこそ」を非表示にする方法です。

記事を読む

Windowsでプロセスを強制終了するコマンド

Windowsでプロセスを強制終了したいときに使うコマンドです。 batファイル等で大活躍します。

記事を読む

ドメインコントローラの調子が悪いときに打つコマンド

ドメインコントローラにつながらない、何か変だ…というときに最初に打つコマンドを2つ紹介。

記事を読む

Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書き

記事を読む

存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。 そうするとNI

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑