Microsoftが19年間存在していたバグに対するパッチを公開

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 Windowsの技術メモ, 最新技術 , ,

先日公開された、以下のWindowsのセキュリティパッチについてです。

スポンサーリンク

マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-064 – 緊急
Windows OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3011443)

https://technet.microsoft.com/library/security/MS14-064#ID0EUYAE

 

「影響を受けるソフトウェア」欄が、現時点でサポートしているWindowsOS全部じゃないか…と思っていたら、Windows95の時代から、19年間存在していたセキュリティホールだったようです…。

ITmediaさんの記事「Windows「緊急」の脆弱性、Windows 95から19年間存在していた」 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/13/news134.html

 

なんだか今年は凄いセキュリティホールが沢山見つかる年な気がします。

  • Heartbleed(OpenSSLのバグ)
  • ShellShock(GMU Bashのバグ)
  • BadUSB(USBデバイスのファームを書き換えられちゃう)
  • Windows OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される (コレ)

まだあるかな?

とにかく不具合が見つからないまま放置されるのは嫌ですが、見つかって修正されるのは良いことです。

セキュリティパッチの適用はお早めに。

以上

 

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

WindowsServer2008R2の固定ユーザプロファイル作成方法

WindowsVistaやWindowsServer2008以降では、規定のプロファイルが簡単にコピ

記事を読む

windows-logo

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (Windowsが

記事を読む

windows-logo

ファイルのプロパティを簡単に見る方法

Windowsで、通常、ファイルのプロパティを見るときは、  1.ファイルを右クリック  2.プ

記事を読む

WindowsToGo

WindowsToGoドライブのつくり方

注意 WindowsToGoを使うにはWindows8 Enterpriseのボリュームライセンス

記事を読む

予約受付中! 「m-Stickシリーズ MS-NH1 1412MS-NH1」

販売再開しても毎回数分で売り切れてしまう、マウスコンピュータのスティック型PC MS-NH1ですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑