Windows7 Professional 製品版 先取りレビュー

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

せっかくボリュームライセンスで先取り購入したので、
デスクトップPCにインストールしてみました。
system.jpg
※スコアがショボイのは昔使用していたIDEHDDにインストールしてるからです。
新機能を試したレビューなどは以下のとおり。

スポンサーリンク

せっかくなので、スコアの詳細を晒しておきます。
score.jpg
下記スペックだと、上のようなスコアになりました。
CPU:Core2Quad Q6600 定格2.4Ghz
メモリ: DDR2 PC2-6400 4G (2G x 2) Dual Channel(ノーブランド)
GPU:GeForce8600GT
HDD:昔使ってたMAXTOR製320GBのIDEHDDをSATA変換して搭載
メモリ使用量はこんな感じ。
タスクマネージャ
たくさんウインドウを開いてるときに、ガジェットが観たくなったら、
たくさん開く
画面右下にマウスを持っていくと、ウインドウが透過されます。
(RSSのガジェットを使ってるときに有効??)
デスクトップ表示
エアロシェイク(Aero Shake)を試してみた。
※タイトルバーをつかんで左右に揺さぶると、揺さぶったウインドウ以外の
ウインドウが最小化される。
シェイク
もう一回揺さぶると、元に戻る。
ペイントを起動してみた。
ペイント
Office2007みたいになってる。
MediaCenterを起動してみた。
実はMediaCenterを使うのは初めてです。
PCでテレビを見たりするのがメインの人にとっては便利かも。
操作はXMBっぽい。(XMB:ソニーが採用してるCross Media Barのこと)
mediacenter.jpg
プロジェクタを使っているユーザがどれぐらいいるのか分からないけど、
プロジェクタを使うことが考慮されてる。
プロジェクタ
※Windows7からは”プロジェクター”って言わないといけないのね。
“ー”が必要らしい。
64bit版だと、32bitのプロセスには*32と記述されるから分かりやすい。
プロセス
ところで、イベントトレースセッションっていうのがあったんだけど、
これはどういうときに確認するものなのだろう?
イベントトレースセッション
まとめ
・エアロシェイクが意外と便利かも。
・Vistaが動くスペックのマシンで試しても、Window7が軽いかどうかは
分からない。(Vistaも軽快だから…)
・視覚的に操作できる。
・XPと比べると管理が難しそう。(イベントトレースセッションって何?)
・ホームグループ機能を活かすと便利かも(次のエントリで書くつもり)
※家庭のマシンを全てWindows7にする必要アリ

以上。

AD

関連記事

Windows8.1でタスクバーのピンが異常に大きくなってズレる現象の治し方

タスクバーのアイコンのピン留めは、普通はこうですよね? それが、ある日突然大きくなってズレはじ

記事を読む

InternetExplorer8のアクセラレータをOFFにする方法

IE8のアクセラレータボタンをOFFにする方法です。 ↓の図のように、IEで文字をドラッグしたときに

記事を読む

Error Code : 0x80004005 の対応方法

0x80004005でエラーになった時の対処法です。 2016年01月24日:Windows10の情

記事を読む

WindowsUpdateで0x80072f78, 0x80090305, 0x8009033f エラーが出るときの対処法

WindowsUpdateを実施しようとして、以下のエラーが出るときの対処法です。 80072

記事を読む

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑