Windows7 Professional 製品版 先取りレビュー

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

せっかくボリュームライセンスで先取り購入したので、
デスクトップPCにインストールしてみました。
system.jpg
※スコアがショボイのは昔使用していたIDEHDDにインストールしてるからです。
新機能を試したレビューなどは以下のとおり。

スポンサーリンク

せっかくなので、スコアの詳細を晒しておきます。
score.jpg
下記スペックだと、上のようなスコアになりました。
CPU:Core2Quad Q6600 定格2.4Ghz
メモリ: DDR2 PC2-6400 4G (2G x 2) Dual Channel(ノーブランド)
GPU:GeForce8600GT
HDD:昔使ってたMAXTOR製320GBのIDEHDDをSATA変換して搭載
メモリ使用量はこんな感じ。
タスクマネージャ
たくさんウインドウを開いてるときに、ガジェットが観たくなったら、
たくさん開く
画面右下にマウスを持っていくと、ウインドウが透過されます。
(RSSのガジェットを使ってるときに有効??)
デスクトップ表示
エアロシェイク(Aero Shake)を試してみた。
※タイトルバーをつかんで左右に揺さぶると、揺さぶったウインドウ以外の
ウインドウが最小化される。
シェイク
もう一回揺さぶると、元に戻る。
ペイントを起動してみた。
ペイント
Office2007みたいになってる。
MediaCenterを起動してみた。
実はMediaCenterを使うのは初めてです。
PCでテレビを見たりするのがメインの人にとっては便利かも。
操作はXMBっぽい。(XMB:ソニーが採用してるCross Media Barのこと)
mediacenter.jpg
プロジェクタを使っているユーザがどれぐらいいるのか分からないけど、
プロジェクタを使うことが考慮されてる。
プロジェクタ
※Windows7からは”プロジェクター”って言わないといけないのね。
“ー”が必要らしい。
64bit版だと、32bitのプロセスには*32と記述されるから分かりやすい。
プロセス
ところで、イベントトレースセッションっていうのがあったんだけど、
これはどういうときに確認するものなのだろう?
イベントトレースセッション
まとめ
・エアロシェイクが意外と便利かも。
・Vistaが動くスペックのマシンで試しても、Window7が軽いかどうかは
分からない。(Vistaも軽快だから…)
・視覚的に操作できる。
・XPと比べると管理が難しそう。(イベントトレースセッションって何?)
・ホームグループ機能を活かすと便利かも(次のエントリで書くつもり)
※家庭のマシンを全てWindows7にする必要アリ

以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

16GBのUSBメモリで Windows To Go っぽいことをする(Windows to go もどき)

WindowsToGoは32GB以上の容量のUSB3.0対応のUSBストレージ(USB-HDDやUS

記事を読む

Windows7の「XPモード」とは・・・

Windows7では、WindowsXP用のアプリケーションを実行するために、仮想化を用いるそうです

記事を読む

コンピュータの問題が原因で、更新プログラムをダウンロードまたはインストールできません。

WindowsXP SP3環境でWindowsUpdate(MicrosoftUpdate)を実行す

記事を読む

Windows XPの自動再生機能を無効化する方法

外付けHDDや外付けDVDドライブをPCに繋ぐと、自動再生のポップアップが出て、ガリガリ読むわけです

記事を読む

XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑