Windows7、WindowsServer2008R2で DHCP Client サービスが自動起動する問題の対処

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , ,

DHCP Clientサービスを起動しているつもりはないのに、何故か自動起動するようになっていました。
調べてみると、Microsoftも認識している問題だったようです。

現象

DHCP Client サービスが自動起動するように設定変更される。

スポンサーリンク

原因

Windows 7、Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 を適用すると、DHCP Client サービスの設定が、自動起動するように変更される。
(SP1に含まれているKB979346内のマニフェストファイルが問題)

対処

無効 に設定しなおす。

参考

Windows 7 / 2008 R2 の SP1 を適用すると、DHCP Client サービスのスタートアップの種類が “自動” に変更される
http://support.microsoft.com/kb/2685381/

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス で

記事を読む

Windows8.1およびWindowsServer2012R2 Stop 0x7B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE 再起動ループ対処法

Windows8.1およびWindowsServer2012R2で、以下StopErrorが出て再起

記事を読む

WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化

もうすぐWindows7が出るけれども、まだまだWindowsXPで頑張りたい人向けのメモです。 W

記事を読む

Windowsの標準機能でVPN Client接続する方法

先日、サーバ側についてはWindowsの標準機能でVPN Serverを構築する方法という記事で書き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑