Windows7、WindowsServer2008R2で DHCP Client サービスが自動起動する問題の対処

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ , ,

DHCP Clientサービスを起動しているつもりはないのに、何故か自動起動するようになっていました。
調べてみると、Microsoftも認識している問題だったようです。

現象

DHCP Client サービスが自動起動するように設定変更される。

スポンサーリンク

原因

Windows 7、Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 を適用すると、DHCP Client サービスの設定が、自動起動するように変更される。
(SP1に含まれているKB979346内のマニフェストファイルが問題)

対処

無効 に設定しなおす。

参考

Windows 7 / 2008 R2 の SP1 を適用すると、DHCP Client サービスのスタートアップの種類が “自動” に変更される
http://support.microsoft.com/kb/2685381/

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Windowsのコードネーム一覧

「Windows7はコードネームがそのまま正式名称になった」というのは有名な話です。 ということで、

記事を読む

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。 仕事で設定書を作成するときに

記事を読む

WindowsToGoドライブのつくり方

注意 WindowsToGoを使うにはWindows8 Enterpriseのボリュームライセンス契

記事を読む

Windows XPの自動再生機能を無効化する方法

外付けHDDや外付けDVDドライブをPCに繋ぐと、自動再生のポップアップが出て、ガリガリ読むわけです

記事を読む

WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化

もうすぐWindows7が出るけれども、まだまだWindowsXPで頑張りたい人向けのメモです。 W

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑