WindowsOS側でUSBメモリを使用禁止にする方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Windowsの技術メモ

BIOSでUSBポートを無効化すればUSBメモリは使えませんが、
USBポートを無効にすれば、USBマウスもUSBキーボードも使えなくなります。
それでは困る…ということで、WindowsOS側でユーザに対してUSBメモリを使用禁止にする方法を紹介。
やりかたを簡単に説明すると、USBメモリのドライバがインストールできないようにして、USBメモリを使用できないようにするって訳。
今回は以下の2パターンについて解説。
 その1.USBメモリを一度も使用したことがないマシンで、USBメモリの読み書きを禁止する場合
 その2.過去に一度でもUSBメモリを使用したことがあるマシンで、USBメモリの読み書きを禁止する場合
具体的な設定方法は以下のとおり。

スポンサーリンク

その1.USBメモリを一度も使用したことがないマシンで、USBメモリの読み書きを禁止する場合
 1.「%SystemRoot%\inf\」に移動
   (通常は C:\Windows\inf\ )
 2.「UsbStor.inf」「UsbStor.pnf」の2ファイルに対して「プロパティ>セキュリティ」から、拒否したいユーザと「SYSTEM」のアクセス権を全て「拒否」に設定
    (全ユーザに対して拒否したければ、「Everyone」と「SYSTEM」のアクセス権を全拒否にする)
 3.念のためにOSを再起動
 その1は以上。
その2.過去に一度でもUSBメモリを使用したことがあるマシンで、USBメモリの読み書きを禁止する場合
 この場合は、レジストリの「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM \CurrentControlSet\Services\USBSTOR」キーが存在する為、「その1」とあわせて以下の手順も実行する必要がある。
 1.regedit.exeを起動
 2.「HKEY_LOCAL_MACHINEのSYSTEM\CurrentControlSet\Services\USBSTOR」に移動
 3.「Start」の値を「4」に変更(デフォルトは3)
 4.念のためにOSを再起動
 その2は以上。
作業後、USBメモリを挿すと「新しいハードウェアの検出ウィザード」が起動するようになる。
しかし、何をどうやっても、上記手順でドライバ情報ファイルへのアクセスが出来なくなっているため、ドライバが入らず、USBメモリが使えない。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

windows-logo

コンピュータの問題が原因で、更新プログラムをダウンロードまたはインストールできません。

WindowsXP SP3環境でWindowsUpdate(MicrosoftUpdate)を実行す

記事を読む

windows-logo

WindowsUpdateが0x80070422エラーで失敗するときの対処法

コード80070422 Windows Update で不明なエラーが発生しました。 というエ

記事を読む

windows-logo

WindowsUpdateが0x800736CCエラーで失敗するときの対処法

Windows Updateで800736CCエラーが出たときの対処法です。 Windows7

記事を読む

windows-logo

windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑