WindowsのNTP周期変更方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。
(WindowsがNTPサーバと時刻の同期を行う周期)
NTPサーバは「日付と時刻のプロパティ」で変更可能だけど、
周期はGUIでは変えられません。
しかしながら、レジストリをいじれば変更可能です。
というわけで変更方法のご紹介。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

1.レジストリエディタを起動し、該当箇所に移動。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient

(長いので2行に分けて書いてます。)
2.該当エントリをダブルクリック。
SpecialPollInterval
3.「表記」を16進から10進に変更。
4.「値のデータ」に周期を秒数で入力
例)1日だと、86400
5.OKを押して閉じるだけ。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

Windowsをルータにする方法

急にルータが必要になったりすることがあります。 しかし手元にルータが無い。Windowsならある。そ

記事を読む

Windows7およびWindowsServer2008R2でNIC/システムボード交換後の 0x0000007B Stop error 対処法

概要 NICやシステムボードを交換後にブルースクリーン(BSOD)で以下のように表示される場合の対処

記事を読む

Error Code : 0x80004005 の対応方法

0x80004005でエラーになった時の対処法です。 2016年01月24日:Windows10の情

記事を読む

windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑