WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Windowsの技術メモ

もうすぐWindows7が出るけれども、まだまだWindowsXPで頑張りたい人向けのメモです。
WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化する方法です。
メモリ256MBしか積んでないよ~とか言う人は諦めてください。
512MB以上積んでる人向けです。
★解説★
Windows XPの「カーネルメモリ」は、「ページプール」、「非ページプール」という2つの領域に分かれてます。
「ページプール」はHDD上に、「非ページプール」は物理メモリ上にあります。
当然ながら、HDDよりも物理メモリ(RAM)の方が速度は速いわけです。
ということで、全部物理メモリに置けば速くなるじゃない!!というわけですよ。
さて、具体的な設定方法は以下のとおり。

スポンサーリンク

・「ファイル名を指定して実行」から、「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動。
・下記のとおり移動。
HKEY_LOCAL_MACHINE>SYSTEM>CurrentControlSet>Control>Session Manager>Memory Management
・「DisablePagingExecutive」をダブルクリック。
・「値のデータ」に「1」を入力。
・OSを再起動。
これでカーネル部分が全部物理メモリ上に展開されて、システムのパフォーマンスがUPします。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

windows-logo

XPとVistaのデュアルブート

時代は仮想化だし、いまさらデュアルブートとかすることは無いと思っていましたが、デュアルブートせざるを

記事を読む

windows-logo

svchost が何をしてるか表示するコマンド

svchost.exe がCPUを占有している…Windowsを使用していると、よくあることです。

記事を読む

windows-logo

WindowsMediaPlayerの静止画キャプチャ方法

1.WindowsMediaPlayerでキャプチャしたい画面で停止する。 2.Ctrl + I

記事を読む

windows-logo

存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。 そうすると

記事を読む

windows-logo

Windows7およびWindowsServer2008R2でNIC/システムボード交換後の 0x0000007B Stop error 対処法

概要 NICやシステムボードを交換後にブルースクリーン(BSOD)で以下のように表示される場合の対

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑