WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

もうすぐWindows7が出るけれども、まだまだWindowsXPで頑張りたい人向けのメモです。
WindowsXPのカーネルメモリを物理メモリに展開して高速化する方法です。
メモリ256MBしか積んでないよ~とか言う人は諦めてください。
512MB以上積んでる人向けです。
★解説★
Windows XPの「カーネルメモリ」は、「ページプール」、「非ページプール」という2つの領域に分かれてます。
「ページプール」はHDD上に、「非ページプール」は物理メモリ上にあります。
当然ながら、HDDよりも物理メモリ(RAM)の方が速度は速いわけです。
ということで、全部物理メモリに置けば速くなるじゃない!!というわけですよ。
さて、具体的な設定方法は以下のとおり。

スポンサーリンク

・「ファイル名を指定して実行」から、「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動。
・下記のとおり移動。
HKEY_LOCAL_MACHINE>SYSTEM>CurrentControlSet>Control>Session Manager>Memory Management
・「DisablePagingExecutive」をダブルクリック。
・「値のデータ」に「1」を入力。
・OSを再起動。
これでカーネル部分が全部物理メモリ上に展開されて、システムのパフォーマンスがUPします。
以上。

AD

関連記事

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上でE

記事を読む

windows8.1で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を実行する

Windows8までは「システム」に表示されていたWindows エクスペリエンス インデックス で

記事を読む

WindowsServer2008R2の固定ユーザプロファイル作成方法

WindowsVistaやWindowsServer2008以降では、規定のプロファイルが簡単にコピ

記事を読む

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括DLする方法

WindowsUpdateのパッチファイルを個別選択して、一括Downloadする方法です。 仕事で

記事を読む

ブルースクリーン”0x0000008E”対処法

まれにWindowsXPがブルースクリーンで落ちる。(Windows7でも有効のようです) エラーN

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑