explorerがフリーズしても困らないようにする究極技

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

ああ、またエクスプローラが固まった…。
デスクトップのすべての操作が出来ない…最悪だ。
という経験したことがあると思います。
ということで今回はexplorerのファイル操作が停止しても、
デスクトップ操作が停止しないようにする技術メモです。
結論から言うと、explorer.exeのプロセスを2個走らせるんですよ。
やり方は以下のとおり。

スポンサーリンク

1.レジストリエディタを起動
・ファイル名を指定して実行>regedit
2.該当箇所まで移動
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft
\Windows\CurrentVersion\Explorer
(↑長いから2行に分けてるだけですよ。)
3.エントリを追加
DesktopProcess というエントリを追加。
4.追加したDesktopProcessDWORD値を1にする。
・DesktopProcessをダブルクリックして、値に1を入力。
5.Windowsを再起動
これでデスクトップのプロセスが別プロセスになるので、
ファイル操作のexplorerが固まっても、デスクトップのexplorerは
固まらないというわけ。
タスクマネージャで見てもexplorerが2つになってるはずですよ。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

デュアルブート環境バックアップ その1

せっかくデュアルブート環境を作ったので、NortonGhost2003でのバックアップを試みた。 V

記事を読む

一目で分かるWindows7アップグレード早見表!!

通常版を買うよりもアップグレード版を購入した方が安いWindows7ですが、 条件が満たされないとせ

記事を読む

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンド

Windowsでインストール済みドライバの情報を取得するコマンドです。 仕事で設定書を作成するときに

記事を読む

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

ESXi5.5上でHyper-Vを動かす方法

ESXi上でHyper-Vの検証をしたいときがあります。 ネストするとも言いますが、ESXi上でE

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑