ブートセクタ修復(ブートブロック修復)

公開日: : PCの技術メモ, Windowsの技術メモ

デュアルブート環境バックアップ その1でOSが起動できなくなったので、障害対応です。
起動に失敗→MBRがおかしくなったのだろう
ということは安易に想像できます。
なので、MBRが壊れたという前提で早速修復を試みます。

Windows VistaのDVDからブート
・システム回復オプションを起動
・スタートアップ修復を起動

OSの入ってる領域が見えるようになった。
これでOKに違いない。

PC再起動
invalid partition table
と表示されるようになった。

さっきまでのフリーズ現象と比べると一歩進んだ。
メッセージの通り、ブートセクタが壊れてるらしい。

再度VistaのDVDからブート
・システム回復オプションを起動
・コマンドプロンプトを起動

ブートセクタ修復のために、以下2つのコマンドを入力

(XPだったら fixboot fixmbr だったんだけど、変わったらしい)

PC再起動
直りました!

デュアルブート環境も壊れておらず、一安心です。
よくよく考えてみれば、スタートアップ修復 を実施しなくても

だけで良かったのかもしれません。

以上

AD

関連記事

存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。 そうするとNI

記事を読む

WindowsのNTP周期変更方法

Windowsはデフォルトだと、一週間に1回の周期で時刻あわせが実施されます。 (WindowsがN

記事を読む

Windows7およびWindowsServer2008R2でNIC/システムボード交換後の 0x0000007B Stop error 対処法

概要 NICやシステムボードを交換後にブルースクリーン(BSOD)で以下のように表示される場合の対処

記事を読む

Windows7 Professional 製品版 先取りレビュー

せっかくボリュームライセンスで先取り購入したので、 デスクトップPCにインストールしてみました。

記事を読む

知っててもあまり得しないWindowsのDOSコマンド

知っててもあまり使う機会がないDOSコマンドを3つ紹介。 Windowsのバージョンを表示するコマン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑