Windows7の「XPモード」とは・・・

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

Windows7では、WindowsXP用のアプリケーションを実行するために、仮想化を用いるそうです。
名称は「Windows XP Mode」だそうです。
VistaではXP用のアプリケーションが動かないことがあったので、Windows7のWindowsXPモードにはちょっと期待です。
4/30から公開のβ版の前に4/28日にQ&Aが出てました。
参考:http://www.microsoft.com/presspass/features/2009/Apr09/04-28Win7QA.mspx
具体的なXPモードの説明は以下のとおり。

スポンサーリンク

XPモードは仮想レイヤに相当する「Windows Virtual PC」と、その上で動く「仮想Windows XP環境」の2つからなっている。
XPモードを利用するのに、ユーザーは特別に仮想環境を意識する必要はない。
ダウンロードしたアプリケーションやCD-ROMを使ったアプリケーションのインストールは、一般的な手順で行い、Windows 7上のスタートメニューに収まる。
通常のアプリケーションと同じように、1クリックで起動できる。
仮想環境としてのWindows XP環境は、ファイアウォールが設定されているほか、Windows Updateなども適用される。
マルソフトウェア対策、ウイルス対策ソフトウェアは入っていないため、これらの導入を推奨。らしい。
とはいえ、仮想化という技術的制約があるので、XPモードの利用が適したアプリケーションは、ビジネスアプリケーション。
パフォーマンス要件が厳しくないことと、基本的なWindowsのAPIに準拠していることなどが、仮想化向きとのこと。
逆にXPモードが向かないのは、ハードウェアをヘビーに使う3Dグラフィック、オーディオ、テレビチューナーなどのコンシューマ向けアプリケーション。
XPモードは、動作要件も厳しく、最低限2GBのメモリを搭載することが望ましい。
また、Virtual PCの利用には、CPUによる仮想化サポート、具体的には「Intel VT」または「AMD-V」が必須。
古い世代のPCでは、これらを搭載していない可能性があるので注意。
XPモードは、Windows 7への移行で互換性問題を懸念する中小規模の企業ユーザーへの配慮から出てきたらしい。
企業ユーザへの配慮から出来たXPモードだけど、企業のPCとなると、動作用件を満たすのは辛いかも…ですね。
現在Vista搭載マシンを使ってる人なら、XPモードの動作用件は余裕で満たしてたりするんだろうけど。
ともかく楽しみです。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

WindowsServer2012R2や2008R2をNTPサーバとして動作させる方法

7や8、8.1などのクライアントでも設定は同じですが、Windows Server 2012 R2

記事を読む

WindowsOS側でUSBメモリを使用禁止にする方法

BIOSでUSBポートを無効化すればUSBメモリは使えませんが、 USBポートを無効にすれば、USB

記事を読む

ママ、どうしておうちにサーバーがあるの? Windows Home Server

WindowsHomeServerの販促用の絵本(パンフレット)にこんな物がある。 ママ、どうしてお

記事を読む

PowerShellでレジストリを設定する方法

PowerShellでレジストリ値の変更や追加を行う方法です。 まず、例として、デスクトップ上にW

記事を読む

デュアルブート環境バックアップ その2

先日、NortonGhostで、デュアルブート環境のバックアップに失敗しましたが、 Acronis

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑