ヤマハ ホームシアターシステムTSS-15買ってみた。

公開日: : 最終更新日:2015/02/07 買ってみた, 音響

一年ほど前に、TSS-15を買ってみました。
TSS-15.jpg
YAMAHA シネマステーション ミニ ホームシアターサウンドシステム TSS-15(W)

既に生産終了品なので、ヤフオクで買いました。

スポンサーリンク

TSS-15や後継機のTSS-20は、S/PDIF(光角型)のINが2系統ついているので、ゲーム機とPCに接続して、ちょっと臨場感あふれるゲームが楽しめます。(2系統のおかげで差し替え要らずで楽です)
PCでDVDやブルーレイを見るときにもいい感じです。

ちなみに、ウーファーがあるので、当然ドゥン!ドゥン!と響くわけですが、
一応近所迷惑にならないようにウーファーの音量は下げて使っています。
(ウーファー、センター、サラウンドの3種類の音量を操作可能です)

数万するヘッドホンやイヤホンと音質を比べてしまうと、音がこもってるなぁ(解像度が低いなぁ)と感じますが、1万円ちょっとでそこそこ音が良いホームシアターシステムが買えるというのはお買い得でした。

ひとまず私の部屋への設置はこんな感じです。

モニタの右にアンプ本体を配置。
モニタの左にセンタースピーカーを配置。
PCの上に右スピーカーを配置。
TSS-15_20111001001604.jpg
本棚に左スピーカーを配置。
スピーカ左
部屋の壁にリアスピーカーを配置。
(写真は左後スピーカー)
rear.jpg
配線はダイソーの↓を使って
100均
こんな感じで配線。
配線
あ、ウーファーの写真撮り忘れた…。

あとは光デジタル角型ケーブルを用意して、

本体の後ろに接続するだけです。光デジタルケーブルは赤で囲った下2つで、2系統接続できます。
tss-15_rear
赤で囲った上部分には、赤と白のアナログオーディオケーブル(RCA)を繋げることができます。

そこで私はこのRCA、ミニプラグ変換ケーブルを使って、

ポータブルオーディオプレーヤーと繋ぐ場合に備えています。
tss-15_cable
光出力ができない機器を繋ぎたいときはどうしても出てきますし、変換ケーブルが1本あると便利ですね。

ちなみにTSS-15は、TSS-20のひとつ前の商品です。

TSS-20.jpg
YAMAHA 5.1chホームシアターシステム ブラック TSS-20(B)

TSS-15.jpg
YAMAHA シネマステーション ミニ ホームシアターサウンドシステム TSS-15(W)

というか、シルバーかブラックかという違いのようです。

私は1万2千円で買いましたが、1年たった今でもあまり値段は変わってないようですね。
1万円強でこの性能のホームシアターシステムは買って損の無いレベルだと思いますので、検討している方にはオススメします。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

iPodTouch5

iPodTouch 第5世代を購入してみた

買ってみました。 中身はこんな感じでした。 iOSの端末はiPad2しか持ってい

記事を読む

USBで光デジタル出力を追加できるBEHRINGER UCA202 を買ってみた

光デジタル出力が付いていないノートPCを購入してしまいまして、どうしても光デジタル出力が欲しかったの

記事を読む

HDDを大人買いしてみた

これだけの数を一度に買ったことのある人はなかなか居ないでしょう…。 HDDの大人買いです。

記事を読む

Nexus7_2012

Nexus7 16GBを購入してみた

今までAndroid端末を使ったことが無かったので、購入してみました。 (実は購入後1ヶ月経ってま

記事を読む

iRing-logo

iRingを貰いました

vSS2014のDiS社のノベルティでiRingというものを貰いました。 置いておいても仕方な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑