uptimeコマンド出力の見方

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

# uptime
11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
SolarisやLinuxで uptime と打てば上記のように出力されるわけですよ。
さてこれが何を意味しているのか、どう見ればいいのかについて解説です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
11:26:04現在時刻
11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
up 458 days, 13:25システム稼働時間
11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
1 userログインユーザ数
11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load averages: 0.67, 0.32, 0.36
load averages: 0.67, 0.32, 0.36システムの平均負荷
左から、1分5分15分の平均負荷
過去 1, 5, 15 分のシステムの平均負荷(ロードアベレージ)
ちなみに、平均負荷(ロードアベレージ)というのは、CPUの処理待ちのこと。
平均値なので、0.67とかだと、平均的に処理待ちが無くて良い感じ。
1だと、CPUがずっと使われてる。
2だと、1つ処理待ちがある。
5とか10とかだと、ぜんぜんCPU処理が追いついてない!!
もっと良いCPUに増強するとか、負荷の高い原因調査するとかが必要。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ rout

記事を読む

共有されているファイルシステムの一覧を表示

IBMに買収されるかと思いきやOracleに買収されるSun…これからどうなるのか。 そんなことは

記事を読む

Solarisでインストールされているロケールを調べる方法

Solarisで、このマシンにどのロケールが入ってるのか、確認 したいときがあります。 そんなと

記事を読む

Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。 という

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑