Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。
Linuxの/tmp以下のファイルは再起動では消えない。
だってSolarisの/tmp は物理メモリで、いわゆるRAMディスクだから、再起動すればメモリ内はクリアされる。だから消える。
Linuxの/tmp はHDDの領域だから、再起動しても消えない。
そういうものなんだと、ずっとそう思ってました。
しかし、Solarisでも/tmp以下のファイルが消えないマシンがあったんですよ。
で、疑問に思ったので調べてみました。
理由は以下のとおり。

スポンサーリンク

/tmp以下のファイルが削除される場合と、削除されない場合がある理由は、
/tmpのファイルシステムの違いです。
(これはさっき言ったとおり、/tmpが物理メモリだったり、HDDだったりって事です)
再起動時にファイルが削除される
/tmpがtmpfsファイルシステム
再起動してもファイルは削除されない
/tmpがUFSファイルシステム
再起動で/tmp 以下のファイルが消えないSolarisは /tmp が UFSファイルシステムだったんです。
私が疑問に思ったマシンは、OS構築した人が /tmp にUFSファイルシステムを使うように設定してただけでした。
せっかくなので、見分け方。
●/tmp が tmpfsの場合
# df -k
swap xxxxxxx xx xxxxxxx 5% /tmp
~~~~~
●/tmpがUFSの場合
# df -k
/dev/dsk/c0t0d0s4 xxxxxxx xx xxxxxxx 5% /tmp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ついでにUFSとtmpfsについて軽く解説。
UFSはSolaris標準のファイルシステムで、HDDのフォーマットは基本的にUFS。
もちろんHDDのデータは再起動しても消えない。
tmpfsは、物理メモリを使用するファイルシステムで、UFSよりも高速にデータを読み書きできる。
でも、物理メモリを使用するので、Solarisの再起動や、umountでデータは消える。

実はHDDに設定したスワップパーティションも tmpfs
以上です。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

共有されているファイルシステムの一覧を表示

IBMに買収されるかと思いきやOracleに買収されるSun…これからどうなるのか。 そんなことは

記事を読む

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右ク

記事を読む

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。 /tmp/test.iso をマウントしたい場合。

記事を読む

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ rout

記事を読む

Solarisが64bitか32bitかを判別するコマンド

久しぶりにSolarisの技術メモです。 SolarisOSが64bitなのか、32bitなのか知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑