Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Solarisの技術メモ

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。
ということで、rootでログインできるようにする方法です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

# vi /etc/default/login
viで上記のファイルを編集。
CONSOLE=/dev/console
↑の行を↓のようにコメントアウトする
# CONSOLE=/dev/console
サービスを再起動しなくてもすぐに反映される。
以上。

AD

関連記事

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。 /tmp/test.iso をマウントしたい場合。

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起動

記事を読む

Solarisでキーボード、ディスプレイ、マウスの設定をするコマンド

Solarisでキーボード、ディスプレイ、マウスの設定をするコマンドです。 特に画面の解像度設定で使

記事を読む

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右クリ

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがありま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑