Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。
ということで、rootでログインできるようにする方法です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

# vi /etc/default/login
viで上記のファイルを編集。
CONSOLE=/dev/console
↑の行を↓のようにコメントアウトする
# CONSOLE=/dev/console
サービスを再起動しなくてもすぐに反映される。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

共有されているファイルシステムの一覧を表示

IBMに買収されるかと思いきやOracleに買収されるSun…これからどうなるのか。 そんなことは

記事を読む

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ rout

記事を読む

SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」 という瞬間があるかもし

記事を読む

Solarisでパスワードの世代管理をする方法

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、 Solaris10でパスワードの

記事を読む

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右ク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑