routeadm コマンド Solaris10

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド
routeadm コマンド
オプションの意味:
-e : enable
-d : disable
-u :再起動後も設定有効
ipv4-routing : ipv4 のルーティング
ipv6-routing : ipv4 のルーティング
ipv4-forwarding : ipv4 のフォワーディング
ipv6-forwarding : ipv6 のフォワーディング
使用例は以下のとおり。

スポンサーリンク

# routeadm -d ipv4-routing -u
ipv4 のルーティングを無効にする。(再起動後も設定有効)
# routeadm -e ipv4-forwarding
ipv4 のフォワーディングを有効にする。(再起動したら元の設定に戻る)
設定確認はオプション無しで
# routeadm
と打つだけ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。 という

記事を読む

共有されているファイルシステムの一覧を表示

IBMに買収されるかと思いきやOracleに買収されるSun…これからどうなるのか。 そんなことは

記事を読む

Solarisでインストールされているロケールを調べる方法

Solarisで、このマシンにどのロケールが入ってるのか、確認 したいときがあります。 そんなと

記事を読む

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。 /tmp/test.iso をマウントしたい場合。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑