Solarisでパスワードの世代管理をする方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、
Solaris10でパスワードの世代管理をする方法です。
ちなみにSolaris10で追加された新機能です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

1. viで /etc/default/passwd を編集。
# vi /etc/default/passwd
2.以下の一行を追加。
HISTORY=3
※3を指定した場合、直近で3個前までに設定したパスワードは
設定できないようになる。
要は、3世代管理ということ。
再起動などは特に必要なし。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」 という瞬間があるかもし

記事を読む

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ rout

記事を読む

Solarisが64bitか32bitかを判別するコマンド

久しぶりにSolarisの技術メモです。 SolarisOSが64bitなのか、32bitなのか知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑