Solarisでパスワードの世代管理をする方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、
Solaris10でパスワードの世代管理をする方法です。
ちなみにSolaris10で追加された新機能です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

1. viで /etc/default/passwd を編集。
# vi /etc/default/passwd
2.以下の一行を追加。
HISTORY=3
※3を指定した場合、直近で3個前までに設定したパスワードは
設定できないようになる。
要は、3世代管理ということ。
再起動などは特に必要なし。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

uptimeコマンド出力の見方

# uptime 11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, loa

記事を読む

Solarisが64bitか32bitかを判別するコマンド

久しぶりにSolarisの技術メモです。 SolarisOSが64bitなのか、32bitなのか知

記事を読む

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右ク

記事を読む

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。 /tmp/test.iso をマウントしたい場合。

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑