Solarisでキーボード、ディスプレイ、マウスの設定をするコマンド

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solarisでキーボード、ディスプレイ、マウスの設定をするコマンドです。
特に画面の解像度設定で使うことが多いような気がします。
(このコマンド、よく忘れるんですよ…私が。)
# kdmconfig
コマンド打ったら、後は表示されるがままに設定するだけ。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

kdmconfig プログラムは、Xsun ウィンドウシステム環境のみに適用されます。このプログラムは、Solaris x86 のデフォルト環境ではなくなっています。Xsun を使用する場合は、コマンド行で kdmconfig を実行し、Xsun を選択してから残りの設定手順を実行する必要があります。
kdmconfig プログラムは、Solaris ソフトウェアが稼動する x86 システム上で、クライアントマシンに関連するキーボード、ディスプレイ、およびマウス情報を、/etc/openwin/server/etc/OWconfig ファイルに設定または設定解除します。また、kdmconfig は、サーバーマシン上の bootparams(4) データベースの display、pointer、および keyboard エントリ、または sysidcfg(4) ファイルの monitor、keyboard、display、および pointer キーワードを設定する場合にも使用できます。kdmconfig は、root または root と同等の権限でのみ実行できます。デバイス選択が完了すると、kdmconfig はユーザーに設定をテストするように要求します。このテストはウィンドウシステムを実行することによって行います。
情報元はこちらのSunのサイト
↓手元に一冊あると便利です。↓

逆引き用例集420、コマンド辞典230、基礎用語辞典150。UNIX系のOSを使いこなしていく上で必要となるコマンドの機能を解説したコマンドリファレンス。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。 という

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。 /tmp/test.iso をマウントしたい場合。

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

SolarisでバックスペースキーをDelキーと同じ機能にする方法。

Solarisでバックスペースを押したら ^H と表示されて 文字が削除できない。Deleteキー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑